teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


最後の段落です!

 投稿者:加藤さん  投稿日:2011年 1月24日(月)22時10分5秒
返信・引用
  彼は今眠りにつくだろう。ここで、父親の腕に抱かれながら、家に戻るよりもずっと前に、二人がが事故現場を通りかかるよりも前に。彼は松葉の甘いにおいをかぎながら、父親の体を通して流れている血の暖かさを感じる。その血は自分にも流れているのだから。マーティンが走りだすと、セバスチャンは目を開けパチクリさせる。彼は明かりを、つまりはあの車の明かりを、ボンネットに沈み落ちた体を見ることだろう。しかしこの子は覚えていない。そんなことは覚えていなくても、家を飛び出した自分を父親が家に連れ帰ってくれたことは覚えているはずだ。これが家族をつなげることになる信じがたい物語なのだ。何度も何度もこの話を人にする。時間が経てば、この物語も余計に信じられなくなるが、同時に誤りだと言うのもますます困難になる。人が抱える人生についての神話となるのだから。  
 

(無題)

 投稿者:加藤さん  投稿日:2011年 1月21日(金)23時00分42秒
返信・引用
  男の子は振り返る。驚くでもなく逃げるでもなく、父親の腕の中に飛びこむというのでもない。ずっと父親がその場にいたみたいに、この状況が特別なものでもないかのように。またしてもマーティンは思う、この子は歩いている。でも、今回に限っては、この考えに、この光景によってもたらされるのは驚異的なものに接した震えだった。かがんで眺める。この不思議な息子が歩くのをただ眺める。お腹の中にあるナイフのように気持ちがよじれていく。マーティン一人に任されていたのなら、手術はとっくの昔にやっていたはずだ。前足は切除。その後には、大腿部の角度を変更する手術があり、背骨をまっすぐに伸ばす手術が次に控えている(金属製のフックやワイヤーを埋め込むことも含まれる)。6週間ギブスをする。それから体毛をレイザーで除去。さらには生殖器形成手術も。医者にするとこれは医療上必要不可欠ってことになる。この子はこのままじゃいられない。歩くなんてもってのほか。絶対にないはずだ----なのに、今歩いているじゃないか!この子が生まれてからずっと、マーティンは自分が目を覚ますよう祈っていた。目を覚まして、世界はありふれた平凡な場所であると気づきたかった。今となっては、星座がひしめくこの空のもとこの幼子といると、「ありふれた平凡さ」という考えは馬鹿げたものに思えてくる。さらに、体の内側からふるえが来て、この考えからは目を背けたくなる。今の直感は夜の一部であり、冬の一部であり、春の一部でもあり、さらには、彼が吸い込み、吸い込み続ける何かみたいな感覚がある。明らかにゆっくりと、彼はごくゆっくりと立ち上がりると近づいていく。手を少年の体に、毛の生えていない背中に、背骨の付け根に乗せる。そのあたりで柔らかくて白い皮膚が体毛へと変わっていく。  

訳の途中まで

 投稿者:加藤さん  投稿日:2011年 1月21日(金)21時47分7秒
返信・引用
  草原だ。
ほんの一瞬、マーティンは草地の方から何かが聞こえるような気がした。聞こえるか聞こえないかくらいの声。旋律に似ているし、人間のようだ。かなり低いけど、はっきりとはしている。あっちのほうだ---でもそれだけしか聞こえない。車かトラックが山道を飛び跳ねながら下る音にかき消されてしまう。

ケイデンは道を手探りで進んでいく。森が深くなるまでの数ヤード、夜は絵本のさし絵のような姿を見せている。そう、道はおぼろげな光を放つものの、ページをめくるたびに少しずつ暗闇が増していくのだ。少年は立ち止まると、振り向く。家の窓をじっと見ると、テレビの光のせいで点滅しているように見える。ようやく自分の足が痛い理由に気がつく。ケイデンは石がむき出しになっている地面に腰を下ろす。スニーカーを脱いで、暗がりの中、別の足にはく。思い出したのは、以前(その頃には弟はまだいないし、自分専用のいすは後ろ向きになっていた)車の中で窓越しに女の子を見たことだ。サングラスをかけ、行き先を教えてくれる銀色の長い魔法の杖を持った女の子だ。ケイデンにはそんな魔法の杖が必要だ。杖なしじゃ、みんなをさがすことなんて、何があっても無理だ。ケイデンは空に向かって片方のスニーカーを持ち上げる、目を細めまばたきをする。ゆっくりとだが、目の前のものが見えかけてくる。赤い縞模様とつま先の輪郭が。明るくなったせいで道路の地形がはっきりし、森の中の木の切り株がいくつも浮かび上がってきてようやく、ケイデンは光がどこからくるのかいぶかしんだ。そして、振り返ると、この輝きが出てくるのは害のない、魔法の星からに違いないって思う。

彼女は登山口(そこには、杖を持った棒人形の絵がついたブリキの標識が木に打ち付けられている)をそれとなく見ていると、まさにその瞬間、正気を失ったタイヤがスリップして、タイヤの溝が乱暴なまでに地面や石に爪を立て止まろうとするのが聞こえてくる。それから衝突する音も----金属が押しつぶされる音、クラクションの女々しい音---それに、ガラスが砕け散り響き渡る倍音。イザベルは凍りつく。たぶんどうということもない物音を聞いて、ベッドで目が覚めるときと同じだ。今こうして道を駆け下りるのは、真夜中に自分の家のなかをいつものように動き回るのと同じだ。何か意味があること、無意味なこと・・・・これって自分でエコー検査のあとに言っていたことなんじゃない?エコー検査のスクリーンには妙ちきりんな胎児のゴーストが映し出されているのをその場のみんなが目にした。6本の手足。2本の腕に4本の足。足はみんなおかしな方向に曲がりつま先がない。イザベルも自分の目で映し出された姿を見た(技師がスクラップブック用にって写真を何枚もプリントアウトしてくれたし)。この事態を受けてやる必要のあること、そしてなぜそれが必要なのか、また次にどう対処すべきかなんて、医者がその後で言ったことは何から何まで拝聴した。それでも、ところどころにかかった霧が視界を曇らせていたし、雑音が押し寄せる波のように鼓膜に打ち寄せていた。数ヶ月してから、イザベルは新生児集中治療室のカーテンに手を伸ばすと、不意に、決定的な衝撃を受けることになるんじゃないかという恐怖に襲われた。でもそんなことはなかった。カーテンを横に引くと、体が唯一感じたのは内側からの甘美な確信であって、外から受けるショックではなかった。こんな子はどこにもいない。それに全身が人間というのでもない。でも、誰しもこの子が見事なまでの造形美を誇っているのが分かるはずなのに、どうして、こんな異常だの奇形だのという重々しい話になるんだろうか?腰から上は美しい少年で、腰から下は美しい馬の姿・・・・今、彼女は綱渡りの綱の上にいるみたいに走っている。まばたきをする度に、涙のうすい層が両目の表面に同じ量だけ広がっていく。そして、この水溶液をごし見ると、下に見えるあかりが(うす暗くなっているのは、ヘッドライトが片一方衝突で割れてしまったからだ)事故の現場にあふれかえるオーラみたいに見える。違う、違う、違う。彼女の頭の中の声が、自分のもののはずなのに人の声みたいに響き、同じ言葉を繰り返している。まるで恐ろしいことを見るのを拒否すれば、現実から消し去ることができるとでもいうみたいに。丘のふもとにやってくると、足はすべり、肺はつぶれて縮こまってしまう。空気が入るスペースなんてない。トラックは溝に頭から45度に突っ込み、後輪は空中にある。ボンネットは切り株にぶつかって原型をとどめていない。シートから投げ出され、フロントガラスから上半身が出ている運転手は---下半身は運転席にあり上半身はガラスが飛び散ったボンネットに載っている---身動き一つしていない。「どうしよう」イザベルは大声で言う。そして、自分の赤ん坊の大声で呼び始める。懐中電灯のあかりを溝に、森に、続けて道路にあてていく。懐中電灯の灯りがとらえたのはまずは赤いストライプのスニーカー。次にもう一人の息子、そうに人間のほうの息子だ。砂利道の上に腰をおろし、この衝突事故をうっとりしながら見つめている。


マーティンにも事故は聞こえていたが、彼も聞こうとはあえてしない。あとに続く静寂のなか、この宇宙にたった一つだけしか音がないように感じられる。草むらの中心から聞こえてくる、「アァブゥブゥバァ。アァヴゥ。アァバァバァバァバァバァ」マーティンには見える。四つ足の息子の影が草のなかを動いている父親が草むらから出てくると、その子の頭上にある天空が開けた。日が落ちてからここを訪れるのは初めてじゃない。去年の夏のことだ、吹きガラスのような空のもと、妻と愛し合ったのはここだ。それでも、ここはマーティンにはここは新鮮に感じられる。これほどまでの星がきらめくのを見たことはない。星明かりの小さな点の下では、赤ちゃんが自分だけに通じる言葉でぶつぶつと何か言い続けている。数ヤードの距離まで近づくと、彼は立ち止まり耳打ちするようにささやいた。
「セバスチャン」
 

(無題)

 投稿者:加藤さん  投稿日:2011年 1月 7日(金)22時07分40秒
返信・引用
  p117
startle【他動】  ~をびっくりさせる、ドキッ[ビクッ・ギクリ・ギョッ・ゾッ・ハッ]とさせる
all along 〈話〉最初[初め]からずっと
shiver【名】 1. 震え   2. 寒け◆the shivers
crouch【自動】うずくまる、かがむ、しゃがむ、身をかがめる
lop【1】〔木や枝を〕刈り込む、切り取る、切る 【2】だらりと下がる、ぶら下がる
another (....) to straighten the spineはanotherの後にoperationを補って考えて下さい。
femur【名】 1. 〈ラテン語〉大腿◆【同】thigh   2. 〈ラテン語〉〔昆虫の〕腿節◆五つの節で構成される足の、胴体から3番目の節。
spine【名】 1. とげ、針   2. 脊柱、脊椎、背骨
embed【名】〔戦争中に〕軍隊に密着してニュースを伝える従軍記者 【他動】 1. 〔物を〕埋め込む、組み込む、はめ込む
cast【名】  6. ギプス包帯  ・The doctor put my leg in a cast. 医師は私の脚にギプスをはめた   ・I'm in a cast. 私はギプスをして[はめて]いる。◆骨折など。
laser【名】レーザー、レーザー光線
参考:laser removal   レーザー除去
genital【名】 生殖器◆通例 genitals
reconstruction【名】 1. 再建、復興、改造、改築、復元、復元物
参考:carinal reconstruction    気管分岐部形成手術
stay like thisのstayは決して「滞在する・とどまる」にしないようにして下さい
mundane 【形】 1. この世の、現世の、俗世の   2. 平凡な、ありふれた、日常の◆【名】mundanity ; mundaneness
参考:I pray that this is the right decision.   これが正しい決断であることを祈る。
wake up to【句動】   ~に気付く、~を悟る、~で目を覚ます
zodiac【名】  十二宮図、黄道帯、獣帯
turn away from(人)から目を背ける、?から目を離す
grade【自動】等級別になっている 【他動】 1. ~を等級分けする、~を格付けする      ・Cardamom is graded by hand. (香辛料の)カルダモンは人の手で選別される。   2. ~を採点する、(人)に成績をつける   3. 〔傾斜を〕水平[決められた角度]に近づける   4. 〔色を〕ぼかす◆【同】gradate  〈色彩などが〉しだいに他の色に移る, だんだんぼける.
come upon   ~に出会う、~をふと思い付く、~を襲う、~の責任になる、要求する、たまたま…に出会う[を見つける].
fume【名】 1. ガス、におい、フューム、蒸気、煙、噴煙、煙霧、熱気、後ガス
pine needle    松葉◆松の木の葉。針(needle)のようにとがっている。◆通例 pine needles
flutter : 1 〈旗帆などが〉はためく, ぱたぱたする;ひるがえる;〈花びら木の葉が〉ひらひら舞う[揺れる, 震える]
Leaves fluttered down.|木の葉がひらひら舞い落ちた.
2 〈鳥が〉羽ばたきする;〈小鳥チョウが〉ぱたぱた[ひらひら]飛ぶ.
3 動悸(どうき)を打つ, 震える, 〈まぶたなどが〉ぴくぴくする.
slump【1-自動】 1. 〔急にドスンと〕沈み込む、崩れ落ちる   2. 〔座ったまたは立った状態で〕前かがみになる、うなだれる   3. 〔物価などが突然〕下落する、下降する 【2】〈米方〉〔デザートの〕スランプ◆【同】grunt【自動】スランプに陥る、急落する、衰える、急に落ち込む、〔物価が〕暴落する
hood【1-名】 1. 〔コートの首の回りにつける〕フード、ずきん   3. カバー、覆い、フード◆【参考】lens hood   4. 〔ハヤブサ類の頭につける〕ずきん、フード   5. 〔排気口の〕フード◆吸い込み口の囲い   6. 〈米〉(自動車の)ボンネット◆〈英〉bonnet
passage of time   時の経過、時の流れ、時間の経過
disprove【他動】   ~に反証する、~が誤りであることを証明する
myth【名】神話、伝説、俗説、作り事
終了!!!
 

(無題)

 投稿者:加藤さん  投稿日:2011年 1月 7日(金)22時07分3秒
返信・引用
  115の1行空いた後
glimpse【自動】 ちらりと見る
tin【名】 1. 《元素》錫、スズ、ティン◆【略】Sn   2. スズ製容器、スズ缶、缶詰   3. ブリキ   4. 警察官のバッジ
marker【名】 1. マーカー、印を付ける人、マークするもの   2. 標識、目印、指標、標線、起点、弁別的特徴   3. 記念碑、墓標
the little tin marker, stick figure with walking stick, nailed to the tree: ひじょうに分かりづらいですが、まずはstick figure with walking stickをかっこに入れてthe little tin marker nailed to the treeと考えてみましょう。nailedは形容詞的な分詞です。stick figureは例えば、マッチ棒で作った人形のような絵と考えて下さい。ですので、stick figure with walking stickは杖をもった棒人形というような感じです。trailheadはどうやら「登山口」「ハイキングコースの入り口」というのがいいようです。ですので、登山口にこういう人形の図がついているtin markerが木に打ち付けられている、という状況を想像して下さい。
stick figure    棒線画
walking stick【1】杖、ステッキ
hears the panic of wheels go ing into ~ のようにhearの5文型の使い方に注意!
treads clawing violentlyの前にもhearsがあると考えて読んでみよう!
skid【名】 1. 滑ること、横滑り   2. 枕木、ころ、滑材   3. 《skids》《海事》スキッド◆貨物の下に敷く角材または荷物の積み降ろしの際に舷側を保護する木材。   4. 車輪止め   5. 〔飛行機の〕着陸用そり   6. 《skids》〈俗〉失敗への[破滅への]道◆【参考】hit the skids
go into a skid      横滑りする、スリップする
tread【名】 1. 足音、歩くさま、足取り   2. 踏み台、段板、踏板、階段の段、踏み面   3. 靴底の凹凸   4. タイヤの溝形、接地面、滑り止めのトレッド   5. トレッド、輪距◆自動車の右ホイールの中心部から左ホイールの中心部までの距離
claw : 1 つめでひっかく[裂く, 掘る](away);(…に)つめでつかまろうとする(at ...).
collision 【名】 1. 衝突、激突
bleat【名】羊[ヤギ]の鳴き声、悲しそうな[哀れっぽい・めそめそした・泣きそうな・弱々しい]声◆【同】baa
harmonic【名】 1. 《電》(高)調波{(こう)ちょうは}   2. 《音楽》倍音
freeze【自動】 1. 凍る、凍結[氷結]する   2. 凍り付く、冷凍[冷蔵]可能である   3. 凍るくらい寒い、底冷えする◆【用法】非人称代名詞 it を主語に用いる   4. 凝固[凝結]する   5. 凍える、凍死する(ほど寒い)   6. 〔恐怖で体が〕凍り付く、ゾッとする   7. 凍ったように(ピタッと)動きを止める   8. 〔さび付いて〕動きが悪くなる   9. 〔表情が〕こわばる  10. 〔態度が〕冷淡になる、硬化する
in the dead of night      真夜中に、草木も眠る丑三つ時に
ultrasound【名】エコー検査、超音波、超可聴音、超音波検査[診断]◆【略】US
Isn't that also what she told herself in the days after the ultrasound?
thatはその前のthis is something, this is nothingを指しています。ultrasoundはいわゆるエコー検査です。ですので、この次にくるscreenというのはエコー検査の画面と思って下さい。
ghost  :1 死者の魂, 死霊, 幽霊, 亡霊;幽霊のようにやつれた人
the ghost of my dead father|亡父の霊.
2 影, 幻;(わずかな)面影;わずかな痕跡(こんせき)
without the [a] ghost of a smile|影ほどの[わずかな]微笑も見せないで.
5ゴースト:受像不良画面に現れる二重像のうちの弱い像.
6ゴースト:レンズの反射光の影響で起こるピンボケ像.
limb【1-名】 1. 肢、手足、翼、ひれ
afterward【副】あとで、後で、後に、後ほど、その後、以後
p151の終わりまで


p116
patchy【形】 1. 継ぎはぎの   2. 〔霧などの発生が〕まばらの   3. 〔情報・知識などが〕不完全な   4. 〈主に英〉〔演技などが〕良いところもあれば悪いところもある
obscure【他動】 1. ~を暗くする、見えなくする、目立たなくする   2. 覆い隠す、~の輝きを奪う   3. ~をあいまいにする、分かりにくくする
static【名】 1. 静電気   2. 空電   3. 雑音   4. 苦情、批判、不平、異議
break on   〔波などが〕~の上に打ち寄せる   ・A sea wave broke into ripples upon the shore. 波がさざ波となって海岸に打ち寄せた。
eardrum【名】鼓膜◆【同】tympanic membrane
NICU【略】  1. =neonatal intensive care unit●新生児集中治療部、新生児集中治療処置室  2. =newborn intensive care unit●新生児集中治療室
crippling【形】 1. 機能を失わせる、ひどい打撃となる   2. 手足を不自由にさせる
crippling blow    大打撃
about to  《be ~》まさに~しようとしている      ・I was about to call you. 《電話》私も今電話しようと思ってたの。      ・What were you about to say back there? さっき何を言いかけてたの?      ・The war was just about to end. その戦争はまさに終結しようとしていた。
from without    外から、外側から、外部から
from within   ~の中から、内側から、内部から
confirmation :  1 (…という)確証;証言, 証拠, 裏づけ;批准 (that節).    2 (…の)立証, 確認, 承認 (of ...)   in confirmation of ...|…を確認して.
grave【形】 1. 厳粛な、威厳のある、重々しい、いかめしい、まじめな   2. 深刻な、憂慮すべき、由々しき   3. 重大な、重要な、大切な   4. 《色》くすんだ、沈んだ、地味な
deformity【名】 奇形、変形部、おぞましさ、醜さ
exquisitely【副】この上なく見事に、ものすごく、極めて素晴らしく、優美に
But why all this grave talk of abnormalities and deformities, when anyone can see he is exquisitely formed?のwhenは「~なのに」ととるのがここの流れに合うように思います。why all this grave talk of abnormalities and deformitiesは文になってませんが、「なぜ(私は)why all this grave talk of abnormalities and deformitiesをしているんだろう?」くらいに考えるといいのではないかと思います。
tightrope【名】綱渡りの綱
evenly【副】 1. むらなく、均一に、均等に、一様に   2. 平らに、平坦に、公平に、平等に、対等に、互角に   3. 平静に、冷静に
aqueous medium    水媒体
down below   下方に、ずっと下に
suffuse【他動】〔液体・色・光などで~を〕満たす、覆う、一杯にする◆【用法】通例受け身で用いる。  ・The church was suffused with light from stained glass windows. その教会はステンド・グラスからの光で満たされていた。
aura【名】オーラ、独特の雰囲気、趣
dim【形】 1. 〔場所・照明などが〕薄暗い   2. 〔物が〕ぼやけた、ぼんやりとした、はっきり見えない
bulb【名】 1. バルブ、電球、白熱灯、真空管、ガラス球
burst【自動】 1. 破裂する、爆発する、はじける    2. 〔服などが〕きつすぎて破れる
on impact    衝撃で、当たった瞬間に
omit【他動】除く、省略する、除外する、削除する、割愛する、怠る、抜かす、忘れる、~し落とす
skid【自動】〔車などが〕横滑りする、スリップする ・The car skidded and smashed into a telephone pole. その車はスリップして電柱に激突しました。
crumple【自動】 しわくちゃ[クシャクシャ・もみくちゃ・ぺしゃんこ]になる       1 しわくちゃになる (up).       2 (略式)〈人が〉突然くずれる, 〈体気力などが〉へなへなとなる;〈顔が〉(今にも泣きだしそうで)くしゃくしゃになる;〈橋などが〉折れる;圧倒される (up).
contract【自動】 1. 〔規模や程度が〕縮小[収縮]する、縮まる     ・Heated metal contracts as it cools down. 熱された金属は冷えるときに収縮する。      ・The economy contracted at an annual rate of 0.6 percent, after adjusting for inflation. 経済はインフレ調整後で年率0.6%収縮しました。   2. 《医》〔筋肉が〕収縮する
ditch【名】 溝、水路、どぶ
hood【1-名】 1. 〔コートの首の回りにつける〕フード、ずきん   3. カバー、覆い、フード◆【参考】lens hood   4. 〔ハヤブサ類の頭につける〕ずきん、フード   5. 〔排気口の〕フード◆吸い込み口の囲い   6. 〈米〉(自動車の)ボンネット◆〈英〉bonnet
trunk【名】 1. 主要部、〔形容詞的に〕主要な   2. 〔木の〕幹
reshape【自動】新しい形になる 【他動】形を整える[作り直す]、再形成する
eject 【自動】 〔飛行機などから〕脱出する 【他動】  1. 〔機械などから物を〕外に出す、押し出す、取り出す、イジェクトする   2. 〔規則に違反した人などを〕追い出す、立ち退かせる、追放する、退場させる、解雇する      ・The player was ejected from the game for bad language. その選手は暴言のせいで試合を退場させられた。   3. 〔小型機からパイロットを〕緊急脱出させる   4. 〔液体・煙などを〕噴出する、排出する
windshield【名】 1. 〈米〉《車》フロントガラス
cab 【1-名】 1. タクシー   2. 馬車◆【同】cabriolet   3. 運転室、運転台
spangle : 1 〈衣装などに〉(…の)スパンコールをつける (with ...).
2 〈物に〉(ぴかぴか光る物を)ちりばめる(with ...). ⇒STAR-SPANGLED
shine : 1 …を光らせる, 輝かせる;〈ランプ鏡などの〉光を向ける
shine a light in|ライトで内部を照らす.
mesmerize 【他動】 催眠術をかける、魅惑する、魅了する
wreck【名】 1. 衝突、破損、倒壊、故障   2. ひどく破壊されたもの、ボロボロになったもの   3. 〔破壊された〕残がい
p116の最初の長い段落の終わりまで


p116の残りの段落
deaf【形】 1. 聴覚障害の(ある)、耳が聞こえない[不自由である]◆「deaf は差別語であり、hearing-impaired を用いるべきだ」と主張する人があるので使用に注意。   2. 聞こうとしない、聞く耳を持たない、耳を傾けない
(…を)聞こうとしない, 耳を傾けない;むとんちゃくな (to ...)
deaf to all warning|あらゆる警告に耳を貸さない
turn a deaf ear to ...|…にまったく耳を貸さない
fall on deaf ears|聞き入れられない.
heart【名】 1. 心臓、胸   2. (自分でコントロールできない感情的な)心、胸の内、気持ち   3. 思いやりの心、愛情   4. 興味、関心、勇気   5. 中心、核心
expand【自動】 1. 〔規模が〕大きくなる、拡大する   2. 〔ゴムのように伸縮性のあるものが引っ張られて〕広がる   3. 膨らむ、膨張する
dot【名】点、ドット、小数点
p116の終わりまで
 

(無題)

 投稿者:加藤さん  投稿日:2010年12月 4日(土)00時48分32秒
返信・引用
  p115
feel one's way   手探りで進む
feel one's way along    ~を[に沿って]手探りする
pulse【自動】 鼓動する
参考:pulse with emergency lights    非常灯が点滅する
rocky【1-形】 1. 岩石の多い、岩のような   2. 意志の堅い、不動の、頑固な   3. 困難な、障害のある、問題を抱えた
参考:rocky cliff      岩だらけのがけ
参考:rocky cliff-face      岩の断がい
参考:rocky corridor      岩の多い[岩がちな]回廊地帯
wand【名】 1. 〔魔法の〕棒   2. しなやかな細い枝   3. 指揮棒   4. 棒状の道具   5. ペン型スキャナ
squint【自動】 目を細めて見る
blink【自動】 1. 点滅する、ちらつく、きらめく   2. まばたきする、目をパチパチさせる
object【名】 1. 物、物体、物件   2. 目的、目的物、目標物   3. 《文法》目的語   4. 対象、被写体   5. 客観   6. おかしなもの
contour【名】 1. 〔不規則な形のものの〕輪郭、外形   2. 〔人間の体の輪郭の〕曲線◆通例、contours   3. 〔地図の〕等高線◆【同】contour line
toe【名】 1. (人の)足指、つま先   2. 先端   3. 蹄鉄の前部
terrain【名】 1. 地形、地勢、地域、領域、範囲、分野
trunk【名】 1. 主要部、〔形容詞的に〕主要な   2. 〔木の〕幹   3. 胴体   4. 象の鼻   5. 〈米〉〔車の〕トランク   6. 《電》トランク、無線通信路   7. 《trunks》トランクス◆男性
leap out   跳び出る、目につく
radiance【名】輝き、光輝、放射輝度
enchanted【形】魅惑の、魅了するような、恍惚となった
115の一行あくところまで
 

(無題)

 投稿者:加藤さん  投稿日:2010年12月 2日(木)23時52分11秒
返信・引用
  p114の終わりの短い段落
break a fall : to lessen/absorb the impact of a fall
fucking 【形・副】 1. 〈卑〉〔強意語の〕ひどい、とんでもない、いまいましい◆怒り、いら立ち、軽蔑などの気持ちを表す。◆【同】damn  2. 〈卑〉〔強意語の〕全くの、すごく、すごい◆程度が並外れていることを表す。    ・He is a fucking good player. あいつはすごくいい選手です。
pant【2】ズボン[パンツ]の片側の足◆【同】pant leg
kneel【名】ひざまずくこと【自動】ひざまずく
forest floor : (林床)樹林内の地表面付近のこと。林床には樹木の実生や草本などが生育する。一般的に樹林内では地表面の上層に位置する林冠などで大部分の光が吸収・反射される。そのため、林床に到達する光は、太陽放射のごく一部であることが多い。ギャップなどが形成された場合は
detritus : 《生物》有機堆積物、デトリタス、デトライタス◆生物の死がい、排出物、分解物などが堆積した泥。
duff : 〔森の〕表面に堆積した腐葉層
ankle【名】足首、くるぶし、足関節
sprain【名】ねんざ 【他動】〔関節を〕ねんざする、くじく
 

(無題)

 投稿者:加藤さん  投稿日:2010年11月27日(土)00時28分47秒
返信・引用
  p114の真ん中の長い段落
barely【副】 1. 辛うじて(?する)、やっと(?する)、?するのがやっと、どうにかこうにか、ぎりぎり、わずかに◆【語源】bare + -ly   2. ほとんど?ない◆【類】hardly, scarcely   3. むき出しに、あらわに、あからさまに、おおっぴらに、隠し立てなく   4. 裸で、貧弱に、簡素に
project【他動】 1. ~を投影する、発射する、投げ出す   2. 〔印象・イメージを〕与える、醸し出す、伝える   3. ~を計画する、企画する、考案する   4. ~と見積もる、推定する、予想する ・Traffic in this area is projected to be heavy in the near future. この地域は近い将来交通渋滞が予想される。   5. ~を突き出す、突出させる◆【反】retroject   6. ~を提案[提示]する
psychic【形】 1. 精神の、精神的な◆【対】physical   2. 心霊の、霊能力を持った、超自然的な◆【類】mind-reader ; psionic ; perceptive ; intuitive   3. 心霊力に敏感な
flash【名】 1. 閃光、懐中電灯、〔カメラの〕フラッシュ   2. 瞬間、ひらめき   3. ちらりと見ること、一瞥◆【同】glimpse      ・Give me a quick flash. ちょっと見せてくれ。   4. 見せびらかし
psychic flash: これをただ単に訳そうとしてもちょっと難しいので、どういうことを言おうとしているか、流れから考えて、じゃっかん意訳気味でもかまいませんので、訳してみよう!
crisp【形】 1. 縮れた、しわの寄った、さざ波の立った   2. 〔食べ物などが〕堅いが砕けやすい、パリッとした、カリッと揚げた、カリカリした、サクサクした、新鮮な   3. 〔態度・動作・話し方などが〕キビキビした、てきぱきした、シャキシャキした、歯切れの良い、快活な、生き生きした、短くて明りょう[明快]な、簡潔で明りょう[明快]な、はっきりした   4. 〔紙などが〕パリパリ音のする、手が切れるような   5. 〔紙幣が〕新札の、ピン札   6. 〔身だしなみなどが〕こぎれいな、きちんとした   7. 〔天候などが〕さわやかな、心地良い、すがすがしい、ピリッと身の引き締まる(ような)   8. 〔画質などが〕鮮明な   9. 〔音が〕キンキンした、〔画質などが〕くっきりした
definite【形】 1. はっきりと限定された、明確な、的確な、確かな、決め手となる、決定的な、間違いなく、はっきりした、一定の、明確な限界のある   2. 限定的な
unbearable【形】耐えられない、忍びがたい、我慢できない、気に食わない、鼻持ちならない
rust-colored【形】さび色の
life expectancy    平均余命、平均寿命
neuromotor【形】 =neuromuscular
neuromuscular【形】神経と筋肉の[に関する]、神経筋の
intelligence test 《心理学》知能テスト[検査]
physical deformity肉体的奇形
associated【形】結び付いた、関連した、連合した
malformation【名】〔特に生体の〕奇形、先天性異常
muscle disease 筋肉疾患
degenerative【形】 1. 〔病気などが〕徐々に悪くなる、退化[退行]性の   2. 《病理》変性の
matter of time 《a ~》時間の問題      ・It's only a matter of time. それは時間の問題です。/それは必然的です。      ・It was only a matter of time. それは時間の問題だった。/遅かれ早かれそうなることは分かっていた。
It's a matter of time before      ~するのは時間の問題だ、遅かれ早かれ~することになる      ・It was just a matter of time before he found me. 彼が私を見つけるのは時間の問題です。      ・It's just a matter of time before I catch up with you. 私があなたに追いつくのは時間の問題です。      ・It's just a matter of time before it explodes. それが爆発するのは時間の問題です。      ・It's only a matter of time before he realizes how much I love him. 私がどんなに彼を愛しているのかを彼が気付いてくれるのは時間の問題です。      ・It's only a matter of time before they catch you. 彼らがあなたを捕まえるのは時間の問題です。
just another   ありきたりの、ありふれた、よくある、ただの、月並みな   ・You're just another middle manager too. あなたもしょせん、中間管理職なんですね。
参考:What would be the fun in that?  そんなことして[言って]何が楽しいの?
vanish【自動】  1. 突然見えなくなる、消える、消えてなくなる、姿を消す、去る   ・Tom's smile quickly vanished. トムの顔からたちまち笑顔が消えた。   2. 《数学》ゼロになる
参考:gone from this world《be ~》この世界から姿を消す
fatherhood【名】父であること、父権、父としての責任、父なる神
free of  《be ~》〔料金・税金などが〕ない、免除されている
free of pain    痛みから解放されて
paradox【名】 1. 逆説、パラドックス、逆理   2. 矛盾、矛盾をはらんだもの、矛盾しているように見える人[物]
p114の真ん中の長い段落の終わりまで
 

(無題)

 投稿者:加藤さん  投稿日:2010年11月26日(金)20時23分41秒
返信・引用
  p113の下の長い段落
beckon【他動】 ~に合図する、~を差し招く、〔身ぶりで〕招く、手招きする
padding【名】 詰め物、つけ足し、パッド、詰めること、芯、芯を入れること、水増し(経費)、不必要な挿入語句、埋め草
confirm【他動】 1. 確かめる、確認する、裏付ける      ・There is one thing (that) I want to confirm. 一つ確認したいことがあります。      ・I confirmed that he arrived safely in the States this afternoon. 私は彼が今日の午後アメリカに無事に到着したことを確認しました。      ・It has not been possible to confirm which theory is correct. どちらの理論が正しいかはまだ確認できないままである。   2. 追認する、承認する、正式に発表する   3. 〔決心・態度・決意・信念・意見などを〕確かにする、強める、固める、支持する
squawk【自動】 1. 〔耳障りなやかましい〕音を立てる   2. 〈話〉〔うるさく〕不平を言う、抗議する   3. 〈話〉〔大声で〕泣きわめく
bubble up   ブクブク泡が立つ、ブクブク泡が出る、フツフツと煮え立つ      ・More than 25 hot springs bubble up throughout Colorado. コロラドの至る所に25以上の温泉が泡立っている。
get through【句動】 1. ~を通り抜ける、通過する[させる]、押し通す      ・May I get through? 前を通ってもよろしいでしょうか   2. ~を通って(目的地に)着く[到達する・達する]   3. 〔話・意味・メッセージなど〕通じる、伝わる、分からせる、理解させる   4. 連絡がつく、連絡を取る   5. 〔試験に〕通る、合格する、パスする   6. 〔決勝に〕進む   7. 〔法案などが〕通過する、可決する   8. 届く、(送り)届ける   9. ~を終える、終了する、やり終える、済ます、処理する      ・We've got quite a lot to get through today. 今日はやることがたくさんあります。  10. 使い果たす、使い尽くす、全部使う、平らげる、消費する  11. 〔水が〕漏る、染み込む、入り込む  12. 切り抜ける、乗り切る、生き抜く  13. 麻薬を入手する  14. 〔時間を〕過ごす
blessed【形】 1. (神に)祝福された、神聖な、聖なる、あがむべき、尊い、清められた、清らかな◆【類】holy   2. 楽しい、喜ばしい、幸運な、有り難い、恵まれた      ・I feel blessed to have gotten to know you. あなたと知り合いになれた幸運に感謝しています。   3. いまいましい、忌まわしい、のろわしい、うるさい、うっとうしい、じれったい、迷惑な、うるさくて仕方がない、面倒な、卑しむべき◆反語的に
improbable【形】起こりそうにもない、ありそうもない、本当らしくない
flaxen【形】亜麻(色)の、亜麻のような(淡い黄色の)
struggle【自動】〔悪い状態から脱け出そうとして〕もがく、あがく、奮闘する、苦労しながら進む、四苦八苦する
seizure【名】 1. 差し押さえ(した物)、むりやり奪った物、押収(した物)、没収  2. つかむこと  3. 発作、急病、発病  4. 掌握、占領、拿捕
allergic reaction    アレルギー反応
sweep up【句動】  1. 掃き掃除をする  2. ?を抱き上げる
trail【名】  1. 〔人や物が移動してできた〕跡、痕跡   2. 〔踏みならされでできた〕道、〔田舎の〕小道   3. 〔狩られる動物の〕臭跡   4. 〔野戦砲の〕架尾◆後部に突き出した構造物で、箱状になっているものと棒状になっているものがある。◆【参考】stock   5. 〔後ろに長く〕たなびくもの   6. 〔後に残される〕一続きのもの
methodical【形】  1. 〔方法などが〕秩序だった、整然とした、組織的な  2. 〔人が〕きちょうめんな
conscious【形】 1. 〔身体的に〕意識のある、知覚反応がある   2. 〔事実・状況などを〕意識[自覚]している、気にしている   3. 意識的な、わざとらしい   4. 自意識の強い、人前を気にする   5. 〈通例複合語で〉~の意識の強い、~を重視する
knobby【形】こぶ状の、節くれだった
momentarily【副】一瞬に、すぐに、今にも、ちょっとの間(に)、そろそろ、時々刻々、つかの間
hoist【他動】 1. 〔旗・帆などを〕揚げる  2. 持ち上げる、つり上げる、巻き上げる◆滑車・クレーンなどを使って
 

(無題)

 投稿者:加藤さん  投稿日:2010年11月14日(日)23時08分26秒
返信・引用
  前回の続きの単語

get used to   ~に慣れる、~になじむ      ・I could get used to it. それはそんなに悪くはない。何度かやれば慣れることができる。      ・When you get used to the job, you'll feel enriched. 仕事に慣れれば充実してくるよ。      ・Better get used to it. それに慣れた方がいいわよ。
uncertainly【副】不確実に
参考:say uncertainly  自信なさげに[あやふやに・おぼつかなげに]言う
break someone of a habit      (人)の癖を直す、悪い習慣を直す、悪癖を矯正する
参考:will not be capable of      無理というものである
nose-picking【名】 鼻をほじること
thumb-sucking【名】親指しゃぶり(をする癖)
anything but【1】~のほかは何でも 【2】 ~のほかは何も~ない◆【用法】否定を伴って    ・I can't think of anything but you. あなた以外のことは考えられない。  ・I don't want anything but to be with you. あなたと一緒にいられるだけでいい。 【3】~どころではない、~とは程遠い、決して~ではない   ・He is anything but shy. 彼は決して内気ではありません。
take pains to    ~するように心を砕く、苦心して~する
brush against    こするようにして~に軽く触れる、〔問題などに〕出合う、~にぶつかる
hallway【名】〈米〉廊下、玄関(の間)


1行あいたあとから
frozen【形】 1. 冷凍の、寒さで凍った、氷で覆われた、氷の張った   2. 氷結した、〔議会などの〕機能が停止した
(原文でのhangs frozen in the darknessは決して「凍っている」という意味ではありませんので注意!)
参考:set a clock going  時計を動くようにする
whirl【自動】  1. グルグル回る、回りながら進む   2. 急に向きを変える   3. 疾走する   4. 目まいがする、フラフラする

p113 一行あくまで
feel for【句動】 1. ~に同情する      ・I feel for you. お察しします。   2. ~を好きだと思う   3. ~を手探りで探す
starry【形】星の(多い)、星明かりの


p113
realization【名】 1. 理解、認識、実感   2. 実現、成就、具現化、発揮   3. 換金、現金化
参考:trace a path      小道を行く
clairvoyant【名】 透視能力者、千里眼の人 【形】透視力のある
reach for   ~に手を伸ばす、~を取ろうとする、~に触手を伸ばす
speed dial    短縮ダイヤル
trailhead【名】足跡の起点
参考:feel confident enough to    ~できるだけの十分な自信がある
参考: feel confident in one's ability to    自分の~する能力に自信がある[を持つ]
dizzy【形】  1. 目が回る、目まいがする、フラフラする   ・I haven't slept in two whole days and I'm feeling dizzy. 丸二日寝てないのでフラフラだ。   2. 〔長湯などで〕のぼせる   3. 当惑した、混乱した、面食らった   4. 目もくらむような、幻惑的な   5. そわそわした、すぐ気が散る、頭の散漫な   6. 愚かな、ばかげた、ばかな
p113の一行空いたあとの短い段落まで
 

レンタル掲示板
/4