teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


雪柳

 投稿者:琴姫  投稿日:2015年 4月 3日(金)22時02分47秒
 
     雪柳群れたる白の美しき



     道端に零れたるかな雪柳



     ゆらゆらと風に微笑むえくぼ花



     雪柳自由気儘に群がりて



     小米花ひとり囁き地を踏みぬ



     雪柳地味で優雅にひと目惹き



     春風に腰より低く舞い落ちて



     小雨降り離れがたしや雪柳



     ひと春に精一杯に咲く花や



     あそこにもここにも白い花の群れ



 
 

沈丁花

 投稿者:琴姫  投稿日:2015年 3月 1日(日)22時08分33秒
 

     彼の人に香り届けよ沈丁花



     沈丁花千里の彼方道しるべ



     青春の想ひ遥かや沈丁花



     沈丁花背伸びしてみよ立ってみよ



     沈丁花香り漂ひ零れたり



     沈丁花薄紅色に染まりけり



     アポロンの涙の粒か沈丁花



     沈丁花緑の冠り光をり



     光る葉に香るる花よ沈丁花



     埋め尽くし誉れ高きや沈丁花
 

クロッカス

 投稿者:琴姫  投稿日:2015年 2月19日(木)19時32分49秒
 
     恋しくて地に香るるやクロッカス


     山上に登りて眺む春サフラン


     青春を喜び咲かすクロッカス


     晴天の下に彩るクロッカス


     フローラが花に変えたりクロッカス


     この地から離れがたしやクロッカス


     クロッカス細き心を匂わせて


     水の中窓辺に光るクロッカス


     クロッカス後ずさりしつ君を見る


     クロッカス摘まないでねと声聞こゆ

 

二月の風

 投稿者:琴姫  投稿日:2015年 2月 6日(金)23時01分33秒
 
     美しき枯木の垣根手でなぞり



     道行て春の霙の静けさよ



     残雪の帽子を乗せた山の峰



     外に出で春の光に目覚めをり



     風光る首に纏わるうれしさよ



     少しずつ風やわらかくなりにけり



     大通り次は小路か春歩く



     見渡しつ春の匂いを感じをり



     ただ歩く二月の風と手をつなぎ



     手袋も脱ぎ捨て歩く春日向
 

立春

 投稿者:琴姫  投稿日:2015年 2月 4日(水)20時25分9秒
 
     立春の風たおやかに青き空



     暖かな春の入り口陽の光



     如月の言葉の響き和の香り



     春来たし重き心に春来たれ



     薄暗い扉の向こう春来たり



     浅き春淡き想いに何処か似て



     冴返る流れる空の雲淡き



     公園の野良猫や鳩春きざす



     公園の日向のベンチ春めいて



     春が来た軽い散歩で掴みをり

 

冬の日に

 投稿者:琴姫  投稿日:2015年 1月21日(水)21時43分58秒
 
     いそいそと小走り歩く冬の雨


     両腕で我が身抑える寒さかな


     灰色の雲に陽射しや冬小雨


     肌寒さ開き直ればどこえやら


     我もまた籠りて冬眠ひぐらしや


     冷えた手を温め打つはキーボード


     冬の日の湯船は徐々に熱くして


     暖房費抑えて凌ぐ日もありて


     冬晴れの心は軽し身は重し


     ジョギングも散歩も延ばす冬の朝

 

カトレア

 投稿者:琴姫  投稿日:2015年 1月14日(水)17時59分2秒
編集済
 
     カトレアや低き雲さえ抱きをり



     カトレアや沈む心を癒しをり



     艶やかなカトレアの花ただ淡き



     カトレアの花を眺めて心晴れ



     カトレアのごとく優雅な身のこなし



     カトレアの花のイメージ真似てみる



     カトレアの如く品良きインテリア



     呟きてカトレアは我が理想郷



     カトレアの花に素朴さ見つけたり



     一輪のカトレア挿した花瓶かな



     カトレアの花と戯れ珈琲を
 

室の花

 投稿者:琴姫  投稿日:2015年 1月 7日(水)08時47分32秒
 

     漂ふは室咲の梅茶の湯かな



     室の梅一人楽しむ罪悪感



     友来り珈琲録茶室の花



     室咲や窓辺の明かり眺めをり



     室の花心慰む籠り部屋



     室咲きの花に合ひそな調べ聴く



     室咲の薔薇の香りや満開に



     室の花次から次と開きをり



     室の花魔法の杖で咲けよ咲け



     机上にも枕元にも室の花

 

年越

 投稿者:琴姫  投稿日:2014年12月31日(水)20時40分13秒
 
     行く年や追いかけずとも年は行く



     寝なさいと云われず子らも晦日の夜



     一年の思い振り切る大晦日



     昨年も今年も同じ大晦日



     暖かな陽射し浴びたり大晦日



     厳かに心静かや除夜の鐘



     除夜の鐘聞きつつ眠る深ゐ夜



     行く年に交差す宇宙我見たり



     星屑も月も聞きをり除夜の鐘



     除夜の鐘天空までも沁みるかな

 

冬の夕

 投稿者:琴姫  投稿日:2014年12月16日(火)21時22分12秒
 
     とっぷりと暮れたる冬の夕べかな



     外に出で背筋伸ばした冬の夕



     冷え込みにふるえる身体すまし顔



     野良猫に寒いでしょうと声かけり



     クリスマスいつもと同じ住宅地



     冬の月我が思いをば映しけり



     星見えず月は陰りぬ冬の空



     冬の夕野良猫たちや丸くなり



     公園で遊ぶ子帰る冬の夕



     レジ並ぶ買い物籠は冬野菜

 

レンタル掲示板
/122