teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


短歌人関西歌会3月のご案内

 投稿者:鈴木秋馬  投稿日:2018年 2月15日(木)13時19分11秒
  3月の短歌人関西歌会のご案内です。

短歌人関西歌会は、毎月第1日曜に開催しています(1月と8月除く)。
ほどよい人数で、一首一首丁寧かつ自由に批評し合える歌会です。
初めての方、見学希望の方も大歓迎ですので、お気軽にご参加ください。

日時   3月4日(日)13:00~17:00

会場   たかつガーデン
     大阪市天王寺区東高津町7-11
     http://www.takatsu.or.jp
     近鉄「大阪上本町」駅より徒歩3分、地下鉄谷町線「谷町九丁目」駅より徒歩7分

会費   1000円(学生半額)

参加方法 下記へ自由詠1首、住所、氏名を記して、お送りください。
     ※作品にルビをつける場合は、ルビであることを明記してください。

送付先  辻和之  0xc23b6078m126v@ezweb.ne.jp

締切   2月24日(土)

研究会  「溝口健二の歌論」鈴木秋馬

今後の予定 4月1日(日)たかつガーデン
      5月6日(日)たかつガーデン
      6月3日(日)たかつガーデン
 
 

第10回子の会吟行合宿

 投稿者:長谷川知哲  投稿日:2018年 2月13日(火)09時57分19秒
  2018子の会10周年記念
近江八幡吟行合宿
―予約受付中―

短歌人新入会員で始まった「子(ね)の会」も10年になりました。年に一度の吟行合宿も10回目。日本中へ合宿に行きましたが、今回は近江八幡。ご興味があれば、ぜひお参加ください。

日時:2018年4月21日(土)~22日(日)
場所:滋賀県近江八幡市
宿泊・歌会場:ホテルニューオウミ
       滋賀県近江八幡市鷹飼町1481番地
       JR近江八幡駅より徒歩1分
● 子の会には破格の豪華ホテル! 歌会はホテル内。
● お別れ昼食は「炙り焼肉 霜月」にて和牛ステーキ御膳付き!
(上記ホテルも霜月も、子の会世話人の下見確認済み。合宿詳細予定は後日。)

近江八幡は、桃山時代の豊臣秀次以来とみに栄え、近江商人でも有名です。名所が随所にあり、水郷巡り、お堀巡りの舟も愉しい。

募集:子の会合宿に参加されたことのある方、初めての方、どなたでも歓迎いたします。 (仮予約は、メールアドレスも下さい。)
会費:17,000円 (1泊3食、歌会会場費込み)

長谷川知哲090-9910-6636 chitetsu2010@gmail.com
勺  禰子090-5901-5029  chipoo128@docomo.ne.jp
弘井 文子090-8996-4694 fumikohblue@yahoo.co.jp
 

イベントのご案内

 投稿者:西村美佐子  投稿日:2018年 2月11日(日)19時47分26秒
編集済
      「短歌」はどういう「詩」か
       (ⅲ)     ー玉城徹ー



           第3回目は、「玉城徹」を主題とします。
   歌集や歌書、評論、その他数々の著作をはじめとする玉城徹の創作活動は、
   「玉城徹」という在り方そのものであるともいえます。
   今に変わらず刺激的なその短歌作品を中心として、シンポジストそれぞれ
   の観点から、「玉城徹」をよみほどいていきます。

    みなさまのご参加をこころよりお待ちしております。


     4月7日(土曜日) pm:1:30~4:30 (開場1:00)
     東京ウィメンズプラザ1F視聴覚室  渋谷区神宮前5-53-67
     参加費 2000円

     シンポジスト 小池純代 永井祐 西村美佐子


       お申し込み&お問い合わせteikei.shi@gmail.com
                   西村美佐子





 
 

都をどり短歌賞

 投稿者:添田陸  投稿日:2018年 2月10日(土)14時35分40秒
  京都・祇園甲部の芸舞妓による伝統的な舞踊公演『都をどり』が、今春も京都芸術劇場春秋座にて開催されます。そこで同劇場を運営する京都造形芸術大学では、この『都をどり』をテーマにした全国公募型の短歌賞を実施いたします。
主催同大学の文芸表現学科による学生短歌会『上終歌会(かみはてかかい)』です。受賞作品は『都をどり』開催期間中(昨年は約45,000名が来場)に、ウェルカムアートとして劇場までの回廊に展示します。

http://www.creativewriting.jp/miyakouta/index.html

 

短歌人東京歌会 今後の日程のご案内

 投稿者:大越 泉  投稿日:2018年 2月 3日(土)10時20分50秒
  5月までの東京歌会の日程をお知らせ致します。
ぜひご参加下さい。
2月は東京歌会は休会致します。
これまで使用していた豊島区立生活産業プラザが4月から改修工事に入るため、
会場が変わります。ご了承下さい。


    3月東京歌会  3月17日(土)  13時~  池袋 豊島区立生活産業プラザ
   4月東京歌会  4月21日(土)  13時~  中野サンプラザ 研修室2
   5月東京歌会  5月13日(日)  13時~  江東区文化センター 第1第2研修室
 

関西短歌人会2月歌会のご案内

 投稿者:勺 禰子(しゃく・ねこ)  投稿日:2018年 1月28日(日)01時21分22秒
  ギリギリになってしまい申訳ありません!

関西短歌人会では、毎月第1日曜に歌会を開催しています(1月と8月除く)。
初めての方も、ご無沙汰の方も、見学希望の方も、
程よい人数で一首一首丁寧かつ忌憚のない批評の飛び交う
いい意味で関西らしい歌会にお気軽にお出でください。


日 時  2月4日(日)13時~17時

場 所  キャンパスプラザ京都
     京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
     http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
     京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分。

会 費  1,000円(学生半額)

詠 草  自由詠1首

送付先  勺 禰子(しゃく・ねこ) E-mail syaku_neko@live.jp

締 切  1月28日(日)

研究会  未定


今後の予定 3月4日(日)たかつガーデン
      4月1日(日)未定
 

「短歌人」2月号発送のお知らせ

 投稿者:短歌人会  投稿日:2018年 1月26日(金)09時32分58秒
  1月25日(木)に、会員同人および購読会員の皆様宛、
「短歌人」2018年2月号を一斉に発送しましたので、お知らせいたします。

発送はクロネコDM便を使用しておりますので、日数がかかる場合があります。
会員・同人の方で1月4日になっても到着しない方は、
短歌人会 tankajin31@gmail.com までお問い合わせ下さい。

なお、見本誌および購入希望の方へは申し込みがあり次第、随時郵便で発送しています。
ご不明な点がありましたら、同様に tankajin31@gmail.com までお問い合わせ下さい。
 

「今月の題詠」の今後の予定 【変更点あり】

 投稿者:短歌人会  投稿日:2018年 1月23日(火)10時32分53秒
  「短歌人」の新企画、「今月の題詠」の今後の予定についてお知らせします。
「短歌人」所属の方はどなたでもご応募になれます。多くのご応募をお待ちしています。

4月号 選者=平野久美子 題=移動中の歌      締切=2月10日(土)【必着】
5月号 選者=生沼義朗  題=海の生物を詠んだ歌  締切=3月5日(月)【必着】
6月号 選者=谷村はるか 題=顔の歌        締切=4月5日(木)【必着】

※5月号以降の締切が変更となりました。ご注意下さい。

●葉書に一首と作者名を明記し、選者宛直接お送り下さい。
●選者と題は毎月変わります。
●応募は葉書のみ。メール・FAXは受け付けません。
●選者の住所は、「短歌人」誌巻末の「編集室雁信」欄をご覧下さい。
●入選作は選評とともに掲載します。

ご不明な点がありましたら、tankajin31@gmail.com までお問い合わせ下さい。
 

名古屋歌会2月のご案内

 投稿者:岡本はな  投稿日:2018年 1月21日(日)12時40分45秒
     〈名古屋歌会2月のお知らせ〉

 下記の通り名古屋歌会を開催します。
 皆様のご参加をお待ちしています。
   歌会は初めて…という方、見学の方も大歓迎です!
 (詠草準備の都合上、事前にご連絡ください)

【日時】2018年2月18日(日)13時30分~16時30分

【場所】
 名古屋市市政資料館 第一集会室

 東区白壁一丁目3番地
 地下鉄名城線「市役所」下車、2番出口より東へ徒歩8分
  名古屋拘置所となり


 http://www.city.nagoya.jp/shisei/category/52-7-4-0-0-0-0-0-0-0.html


【会費】1000円(飲物は各自ご用意ください)


【参加方法】詠草一首(自由題)と忘年会参加の有無を、
 岡本宛にお送りください。

 ※ 当日は、短歌人誌最新号をお持ちください

【詠草締切】2月13日(火)

【詠草送付先】 岡本はな

【問い合わせ】
 詠草送付の方法など、「短歌人」サイトの各地歌会案内の連絡用フォーム
 より問い合わせください。

 http://www.tankajin.com/kakai.html
 

第34回短歌人ネット歌会のご案内 【題詠「新」/選歌なし】

 投稿者:短歌人ネット歌会幹事(生沼義朗)  投稿日:2018年 1月20日(土)15時11分34秒
  第34回短歌人ネット歌会のご案内です。今回は題詠で、互選は行いません。

短歌人の会員・同人の方でしたら、どなたでもご参加できますので、
ぜひ多くの方のご出詠とコメントで歌会を盛り上げていただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

ご参加の際にはかならず、注意事項
http://tankajin.seesaa.net/article/143867996.html をよくお読み下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――

【第34回ネット歌会概要】

★応募要項
  新作未発表1首(題詠「新」)を1月31日(水)の22:00までに
  tankajin.eisou@gmail.com 宛お送り下さい。
  また詠草の集まり具合によりましては、スケジュールを変更することがあります。

★スケジュール(予定)

  詠草受付 2018年1月31日(水)22:00まで
      題詠「新」1首
      詠草はメールでのみ受付けます。

  詠草一次発表  2018年2月2日(金)
      万一詠草に誤植があった方は2月5日(月)の20:00までに
      メールで tankajin.eisou@gmail.com までお申し出下さい。
      ただし誤植以外の訂正には応じられません。
      またコメント受付開始後の訂正もできませんので、
      誤植訂正の必要な方はかならず期限までにメールでお申し出下さい。

  確定詠草発表  2018年2月7日(水)

  コメント受付  2018年2月7日(水)~ 2月25日(日)

  作者名発表   2018年2月26日(月)

  作者発表後コメント受付 2018年2月26日(月)~ 3月2日(金)


★記 録    ※ 詠草提出者の方にお願い致します。
          ご依頼がありました方は、何卒よろしくお願い申し上げます。

★幹 事      生沼義朗・太田青磁・村田馨
           ※今回から太田青磁さんが幹事に加わります。

★詠草送付先   tankajin.eisou@gmail.com

※ 詠草送付メールの件名は必ず「第34回短歌人ネット歌会詠草/お名前」として下さい。
※ 詠草およびお問い合わせのメールの件名には、かならずお名前を書いて下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――
 

第17回高瀬賞作品募集のお知らせ

 投稿者:短歌人会  投稿日:2018年 1月20日(土)14時29分28秒
    本年度も高瀬賞を以下の要領で募集いたします。
この賞は、短歌人会の会員1・2欄所属者の
未発表新作15首を対象とした結社新人賞です。
自分の実力を試す絶好の機会ですので、奮ってご応募下さい。
本年も多くの方々のご応募をお待ち申し上げております。


参加資格  短歌人会 会員1欄および会員2」所属者
       ※同人・購読会員は応募できません。

作 品   未発表新作15首  ※必ず題をつけて下さい

締 切   2018年2月25日(日)【必着】
       ※消印有効ではありません。

送付先   「短歌人」発行所
      (住所は「短歌人」誌の裏表紙をご確認下さい)

選 考   編集委員16名が行います

発 表   「短歌人」2018年7月号誌上

 賞    受賞者には正賞のガラス製賞牌および副賞として賞金が贈呈されます。
      佳作賞を設定することもあります。


●作品数に過不足がある場合や、作品中に既発表作品や
 他者の作品に酷似している作品が1首でも入っていると判断された場合、
 入賞が取り消されることがあります。

●例年通り「短歌人」1月号に応募用紙を綴じ込んでありますので、
 その用紙を必ず使用して下さい。選考は応募用紙をコピーして行いますので、
 黒のボールペン、万年筆、サインペン等を使用し、楷書で分かりやすくお書き下さい。
 鉛筆は不可とします。プリンターで直接印字しても構いません。
 規定の用紙以外を使用したり、原稿が著しく読みにくい場合は、
 書類不備で選考対象外となることがあります。

●用紙を破損、紛失された方は、発行所まで郵便でお申し出下さい。
 メールでのお申し出は、担当者が違うため、対応できません。

●送付の際、必ず封筒に住所、氏名を明記して下さい。
 また筆名の方は、本名の脇に筆名をカッコ書きで記入して下さい。
 高瀬賞は無記名選考ですので、封筒に記入がない場合は、
 書類不備で選考対象外となることがあります。

●封筒の表面には「高瀬賞作品」と赤で明記して下さい。

●ご不明な点がありましたら、
 メールで tankajin31@gmail.com までお問い合せ下さい。
 

2018年度短歌人評論・エッセイ賞作品募集のお知らせ

 投稿者:短歌人会  投稿日:2018年 1月20日(土)14時23分49秒
    本年も短歌人評論エッセイ賞課題部門を以下の要領で募集いたします。
この賞は、短歌人会の会員・同人(購読会員を除く)が執筆した、
評論およびエッセイを顕彰する、結社内の賞です。
本年も多くの方々のご応募をお待ち申し上げております。


参加資格  短歌人会在籍者  ※購読会員は応募できません

課 題   「短歌に見る家族」

枚 数   B4判400字詰原稿用紙14枚
      (プリンター使用の場合は、31字×204行の書式でB4判用紙に印字のこと)

締 切   2018年3月31日(金)【必着】
       ※消印有効ではありません。ご注意下さい。

送付先   「短歌人」発行所
      (住所は「短歌人」誌の裏表紙をご確認下さい)

選 考   評論・エッセイ賞選考委員会 ※選考委員が変わりました。
      〔菊池孝彦、斉藤斎藤、谷村はるか、藤原龍一郎(五十音順・敬称略)〕

発 表   「短歌人」2018年7月号誌上

 賞    受賞者には賞金が贈呈されます。
      佳作賞を設定することもあります。


●課題部門応募作と、既発表部門
〔「短歌人」2017年4月号から2018年3月号に発表された、
会員・同人による2ページ以上の評論・エッセイが対象〕を
合わせ、総合的に選考し、入選作を決定します。

●既発表および他者の作品に酷似している部分があると判断された場合、
 入賞を取り消すことがあります。

●枚数や書式を守っていなかったり、原稿が著しく読みにくい場合は
 書類不備で選考対象外となることがあります。

●送付の際、必ず封筒にも住所、氏名を明記して下さい。
 筆名の方は、本名の脇に筆名をカッコ書きで記入して下さい。
 記入がない場合は、書類不備で選考対象外となることがあります。

●封筒の表面には「評論・エッセイ賞作品」と赤で明記して下さい。

●ご不明な点がありましたら、メールで tankajin31@gmail.com お問い合せ下さい。
 

2017年短歌人ネット歌会年間スケジュールのお知らせ

 投稿者:短歌人ネット歌会幹事(生沼義朗)  投稿日:2018年 1月 8日(月)17時39分27秒
  昨年1年間の短歌人ネット歌会の参加状況をもとに、
2018年の短歌人ネット歌会の年間計画を策定いたしました。

昨年も多くの方々にご参加下さいましたことをあらためて感謝申し上げますとともに、
今年もみなさまのご参加をお待ち申し上げております。


【開催回数及び時期】
昨年同様、今年も年4回開催〔2月・5月・8月・11月〕といたします。


【題詠について】
2018年も題詠歌会と自由詠歌会を交互に行います。
2月・8月歌会が題詠、5月・11月歌会が自由詠となります。
題に関しましては、詠草募集開始時にその都度発表致します。


【選歌について】
2018年も昨年に引き続き、選歌を行う回と選歌を行わない回をそれぞれ設けます。
具体的には、2月=選歌なし、5月=選歌あり、
8月=選歌あり、11月=選歌なし、といたします。

選歌の内容は、今までと同じように各人3首選で、並選のみとする予定です。
なお、今後の選歌の方式および選歌数などは、状況によって変更する場合があります。

よって、2018年の短歌人ネット歌会は、
2月=題詠/互選なし、5月=自由詠/互選あり、
8月=題詠/互選あり、11月=自由詠/互選なし、とさせていただきます。


【スケジュール〔カッコ内は選歌のある場合のみ〕】
前月25日頃~月末    詠草募集
開催月1日頃      詠草一次発表
開催月1日~3日     詠草誤植訂正受付
(開催月1日~4日    選歌受付)
開催月7日頃     確定詠草(&選歌集計結果)発表
7日頃~25日頃     コメント受付
26日頃        作者名発表
26日頃~30日頃   作者発表後コメント受付


※全体の状況および幹事サイドの都合等により、日程は前後することがあります。
 詳細は必ず、各回の歌会案内を必ずよくご覧になって下さい。


今後、メールでのネット歌会のご案内を希望される方、
および今後ご案内を希望されない方は、
tankajin-eisou@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願い申し上げます。
ご意見やご質問なども同様にこのアドレスまでお願い申し上げます。

 

第63回短歌人賞決定

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年12月28日(木)09時07分30秒
  「短歌人」2018年1月号に掲載の通り、第63回短歌人賞が決定しました。
この賞は、短歌人会の同人1・2欄所属者の、未発表新作30首を対象とした結社賞です。

 例年通り、「短歌人」8月号に応募用紙を綴じ込み、9月5日締切で30首一連を募集しましたところ、
期日までに44篇の応募がありました。これは昨年と比べ2篇の増加でした。

 あらかじめ各選考委員が全作品を通読した上、
去る11月5日(日)に東京・池袋のIKE-Biz(旧・豊島区立勤労福祉会館)にて、
編集委員15名出席(1名は欠席のため書面回答)による最終選考会が行われました。

 その結果、第63回短歌人賞は該当作なし、加藤隆枝「乾きゆく服」、花鳥佰「逃げる。」、
川井怜子「赤い金魚」の3篇を佳作に決定いたしました。

 佳作受賞の加藤さん、花鳥さん、川井さんには、2018年1月14日(日)に
東京・神田神保町の学士会館で行われます、2018年度短歌人新年歌会の席上において記念品が贈呈されます。

 佳作受賞3作品と詳しい選考経過報告、および選考委員による選評は、
「短歌人」2018年1月号に掲載されておりますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

来年度も多くの応募をお待ちしております。
 

「短歌人」1月号発送のお知らせ

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年12月26日(火)11時20分27秒
  12月25日(月)に、会員同人および購読会員の皆様宛、
「短歌人」2018年1月号を一斉に発送しましたので、お知らせ申し上げます。
1月号は、第63回短歌人賞決定発表号となります。

発送はクロネコDM便を使用しておりますので、日数がかかる場合があります。
会員・同人の方で1月4日になっても到着しない方は、
短歌人会 tankajin31@gmail.com までお問い合わせ下さい。

なお、見本誌および購入希望の方へは申し込みがあり次第、随時郵便で発送しています。
ご不明な点がありましたら、同様に tankajin31@gmail.com までお問い合わせ下さい。
 

「今月の題詠」の今後の予定

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年12月22日(金)14時11分20秒
  「短歌人」2018年1月号からの新企画、「今月の題詠」の今後の予定についてお知らせします。
「短歌人」所属の方はどなたでもご応募になれます。多くのご応募をお待ちしています。

3月号 選者=中地俊夫  題=外国の地名のある歌  締切=1月10日(水)【必着】
4月号 選者=平野久美子 題=移動中の歌      締切=2月10日(土)【必着】
5月号 選者=生沼義朗  題=海の生物を詠んだ歌  締切=3月10日(土)【必着】

●葉書に一首と作者名を明記し、選者宛直接お送り下さい。
●選者と題は毎月変わります。
●応募は葉書のみ。メール・FAXは受け付けません。
●選者の住所は、「短歌人」誌巻末の「編集室雁信」欄をご覧下さい。
●入選作は選評とともに掲載します。

ご不明な点がありましたら、tankajin31@gmail.com までお問い合わせ下さい。
 

短歌人東京歌会 今後の日程のご案内

 投稿者:大越 泉  投稿日:2017年12月14日(木)11時22分22秒
  来年4月までの東京歌会の日程をお知らせ致します。
ぜひご参加下さい。
1月2月は東京歌会は休会致します。
5月以降については決まり次第お知らせ致します。

     3月東京歌会  3月17日(土)  13時~  池袋 豊島区立生活産業プラザ
    4月東京歌会  4月21日(土)  13時~  中野サンプラザ 研修室2
 

柊 明日香歌集『そして、春』 が北海道新聞短歌賞佳作を受賞しました

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年11月15日(水)18時52分41秒
編集済
  柊明日香歌集『そして、春』(六花書林) が、
第32回北海道新聞短歌賞佳作賞を受賞しました。

この賞は北海道新聞主催の、昨年度刊行された
北海道内在住の歌人による歌集から優れたものを顕彰するものです。

本会からは、昨年本賞受賞の阿部久美さんに続く入賞となります。
選考委員は時田則雄、西勝洋一、松川洋子、田中綾の四氏でした。

なお受賞発表の詳細および受賞者インタビューはこちらで閲覧できます。
https://www.hokkaido-np.co.jp/series/32doshin-tanka-haiku_result
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/144700?rct=32doshin-tanka-haiku_result


柊さん、おめでとうございます!
 

つくば歌会のお知らせ

 投稿者:藤田初枝  投稿日:2017年11月 8日(水)10時37分55秒
  以下の通り、つくば歌会を開催します。

日時平成29年11月26日(日曜)13時~16時

場所 つくばイノベーションプラザ(029-852-6789)「中会議室」
  (名称が変りましたが例年と同じ場所です。)
  ・TX線つくば駅から徒歩5分。オークラフロンティアホテル2F並び。
  (フロント階からは行けません。2Fレストラン階の出口から出て、左端です。ノバホール隣。)
 会場費として、当日500円を徴 収いたします。

内容 『短歌人』11月号の批評会 (11月号をご持参下さい。)
 途中からの参加、中座も歓迎いたします。
 初めてのかたも、県外のかたも大歓迎です!
 なお、当日は「つくばマラソン」が行われており、つくば市内は交通規制がされています。
 お車でお越しの方はお気をつけ下さい。

連絡先  藤田初枝 hnagatachan@yahoo.co.jp
 

短歌人兵庫歌会11月の御案内

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2017年11月 3日(金)09時25分41秒
  題詠は「門」、熟語等も結構です。所用で欠席の場合は作品のみの参加も受け付けます。選歌と「今月の注目歌」を提出して下さい。結果を報告させて頂きます。人の目に映る「私」を知る機会でもあります。

日  時 11月19日(日)13時~17時
場  所 神戸市勤労会館(702会議室)
     神戸市中央区雲井通5丁目1-2
     ℡ 078-232-1881
交  通 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩10分
会  費 500円
参加方法 自由詠1首、題詠1首、住所、氏名を記入の上、下記にお送りください。
       ※題詠=「門」もしくは門を含む熟語
宛  先 吉岡生夫
          E-mail yoshioka-ikuo@pat.hi-ho.ne.jp
締め切り 11月11日(土)     必着

今後の予定 12月17日(日)センタープラザ西館
       2月18日(日)神戸市勤労会館
 

静岡歌会

 投稿者:長谷川知哲  投稿日:2017年10月21日(土)10時02分11秒
  静岡歌会(隔月開催)
次回は、

11月21日(火)
場所:熱海 起雲閣(千鳥の間)。 駅よりタクシーかバス。歩いて20分くらい。
時間:午後1時より4時まで
その後、懇親の時間も予定。

出詠:自由詠2首。数日前までに長谷川莞爾さんへメールで。Kanji-h@cy.tnc.ne.jp

通常は静岡県西部(浜松など)で開催されていますが、初めて熱海で開催されます。静岡は東西に長く、長谷川莞爾さん、村井かおるさん、杉山春代さんはじめ、静岡メンバーは、熱海へ来るだけで長旅。関東のみなさんも、是非ご参加ください。
起雲閣は、博物館でもありますので、早めにきて見ることもできます。歌会だけの御参加は、入館無料。観覧は有料。その辺も、ご連絡くだされば、ご案内いたします。

chitetsu2010@gmail.com  長谷川知哲まで

 

大室ゆらぎ歌集『夏野』が第43回現代歌人集会賞に決まりました

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年10月14日(土)20時17分36秒
編集済
  本会同人の大室ゆらぎさんの第二歌集『夏野』(青磁社)が、
第43回現代歌人集会賞に決定しました。

この賞は、主に中部地方以西の西日本在住者が刊行した歌集のうち、
新人が刊行した優秀な歌集を顕彰する賞です。

当会からは、永井陽子(第4回・1978年)、近藤かすみ(第38回・2012年)の
両氏に続いて3人目の受賞となります。

授賞式は現代歌人集会秋季大会の席上にて行われます。

【日時】12月3日(日)午後1時~
【会場】アークホテル京都
    〒604-8811 京都府京都市中京区壬生賀陽御所町1  075-812-1111
    〔阪急京都本線大宮駅西口徒歩2分/京福嵐山本線四条大宮駅徒歩2分〕
     http://www.ark-hotel.co.jp/kyoto/
【会費】授与式・講演会=1,500円 懇親会=6,500円 (当日お支払い下さい)

現代歌人集会の会員でなくてもご出席できますので、ぜひ多くの方のご参加をお願い申し上げます。

短歌人会の方でご参加を希望される方は、tankajin31@gmail.com までメールでご連絡下さい。
その際に、授与式と講演会のみの出席か、懇親会もご出席されるかを明記して下さい。

大室さん、おめでとうございます!
 

合同出版記念会のお知らせ

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年 9月23日(土)13時09分15秒
  このたび「短歌人」所属の三人が、
田上起一郎歌集『九年坂』、
井上孝太郎歌集『サバンナを恋う』、
岩崎堯子歌集『晩夏の海』と、
それぞれの第一歌集を上梓いたしました。

つきましては、出版記念会を開催させていただくことになりました。
ぜひ多くのみなさまの励ましを賜りたいと存じます。

発起人 梅内美華子 大西久美子 久々湊盈子 都築直子 藤島秀憲
    三井 修     川田由布子 藤原龍一郎 小池 光

日時=2017年10月27日(金)18:00開会(17:30受付開始)

場所=学士会館〔地下鉄都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線神保町駅下車A9出口徒歩1分、
        または東京メトロ東西線竹橋駅下車3a出口徒歩5分〕
   千代田区神田錦町3-28 03-3292-5936 http://www.gakushikaikan.co.jp/

会費=8,000円

申込方法:10月10日(火)までに tankajin31@gmail.com 宛にメールでお申し込み下さい。
     ただしご案内が郵便で及んでいる方は、同封の返信用葉書でご返信をお願いします。

みなさまのご出席を心よりお待ち申し上げております。
 

短歌人・九州歌会のお知らせ

 投稿者:久保寛容  投稿日:2017年 9月 8日(金)15時53分22秒
   短歌人・九州歌会のお知らせ

日時 10月22日(日)13時~17時

会場 宮崎市 宮崎市民プラザ(℡ 0985-24-1008) 学習室

   ※会場につきましては最終のご案内で詳しくお知らせします。

詠草 2首 自由詠1首 題詠1首(題=月、星、他の天体)

   ※それぞれに「自由詠」「題詠」とお示しください。

会費 500円

〆切 10月11日(火)

お問い合わせ hirokatanka-k@k8.dion.ne.jp

懇親会 会終了後1~2時間喫茶店にて。参加は自由です。
 

平成29年度日本歌人クラブ東京ブロック大会のご案内

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年 9月 3日(日)15時26分51秒
編集済
  先日、水島和夫歌集『田端日記抄』の
平成29年度東京ブロック優良歌集賞の受賞をお知らせいたしましたが、
下記の要領で授賞式が開催されます。

日本歌人クラブの会員以外の方もご出席できますので、
ぜひ多くの方のご参加をお願い申し上げます。


日時:平成29年10月30日(月)午後2時から6時(受付午後1時30分より)

場所:中野サンプラザ〔中野駅北口すぐ〕https://www.sunplaza.jp/

行事:①表彰式 平成29年度東京ブロック優良歌集賞
    経塚朋子歌集『カミツレを摘め』、水島和夫歌集『田端日記抄』、玉井綾子歌集『発酵』

   ②講演  篠弘

   ③懇親会

会費:当日払い(受付にてお支払いください)
   ①②出席   2,000円
   ①②③出席  8,000円

申込締切:10月19日(木)

問合せ及び申込先:短歌人会の方でご参加を希望される方は、
         tankajin31@gmail.com までメールでご連絡下さい。

 

柊明日香歌集『そして、春』出版記念祝賀会のご案内

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年 9月 3日(日)15時18分8秒
  このたび「かぎろひ」「短歌人」所属の柊明日香さんが
第一歌集『そして、春』を出版されました。
その喜びをともにお祝いしたいと考え、
下記の通り出版記念祝賀会を開催することに致しました。
ぜひご出席下さいますようご案内申し上げます。

日時:2017年10月28日(土)14:00~17:00
場所:旭川トーヨーホテル 旭川市七条七丁目32-12 https://www.toyo-hotel.net/
・批評会   14:00~14:50
・祝賀会   15:00~17:00
・祝賀会会費 6,000円

申込方法:9月27日(水)までに tankajin31@gmail.com 宛にメールでお申し込み下さい。
     ただしご案内が郵便で及んでいる方は、同封の返信用葉書でご返信をお願いします。

発起人 石山宗晏 西勝洋一 上野節子 鎌田章子 清水紀久子 丹呉ますみ


みなさまのご出席を心よりお待ち申し上げております。
 

大阪府知事賞 第62回 新春短歌大会

 投稿者:吉岡生夫  投稿日:2017年 8月14日(月)18時25分33秒
  日  時 平成30年1月28日(日) 12時30分~16時30分(受付開始12時)
会  場 豊中市立中央公民館(阪急電車宝塚線曾根駅下車東・市民会館北隣)
当日会費 500円
次  第 講演・作品批評・表彰
講  演 「短歌のかがやき」
講  師 道浦母都子(「未来」選者)
御  題 「語」(必ず「語」を詠み込んで下さい)
応  募 未発表作品に限ります。応募用紙に、作品と、郵便番号・住所・氏名・電話番号・出席予定を明記のうえ、出詠料を添えてご送付下さい。
     (詞書などはご遠慮下さい)
出詠料  2首まで2000円(1首でも同じ)、3首目からは1首につき500円。何首でも可。
     郵便小為替またはゆうちょ銀行振替口座 加入者名 短歌友の会連盟 記号14120 番号85160391をご利用下さい。
宛  先 澤田直子方 短歌友の会連盟事務局
     *吉岡(yoshioka-ikuo@pat.hi-ho.ne.jp)に連絡頂ければ応募用紙をお送りします。
締  切 平成29年11月15日(消印有効)
選  者 上田明・佐沢邦子・牧雄彦・安田純生・吉岡生夫
賞    大阪府知事賞
       第一席(賞状・副賞商品券一万円)
       第二席、第三席(賞状・副賞商品券七千円)
     豊中市長賞(賞状・副賞商品券五千円)
     豊中市議会議長賞・豊中市教育委員会賞・豊中市中央公民館長賞・短歌友の会連盟会長賞(賞状・副賞商品券三千円)
     選者賞若干名  佳作若干名
主  催 豊中市立中央公民館・短歌友の会連盟
 

歌集批評会のお知らせ

 投稿者:西橋美保  投稿日:2017年 7月24日(月)12時35分42秒
編集済
  兵庫県歌人クラブでは会員相互の交流、研鑽をはかるため、
会員の歌集をとりあげ、批評会を行っています。
第9回を下記の通り開催致します。会員以外の方も歓迎です。
「短歌人」編集人・藤原龍一郎氏、斎藤典子氏も出席予定です。是非のご参加を。

        記

1、日時 平成29年7月29日(土)13:00~16:30

2、場所 兵庫勤労市民センター講習室(JR兵庫駅北側すぐ)

3、内容 西橋美保歌集『うはの空』
       南輝子歌集『WAR IS OVER! 百首』
       (レポーター)廣庭由利子・楠誓英
      (司会進行) 小林幹也

4、会費  1,000円

※参加希望の方は、tankajin31@gmail.com までご連絡いただければ、
幹事の安藤直彦さんにお取次ぎさせていただきます。
 また参加希望者で歌集の無い方は手配しますので、併せてご連絡ください。

 

水島和夫歌集『田端日記抄』が日本歌人クラブ東京ブロック優良歌集賞に決まりました

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年 7月 1日(土)17時23分19秒
  本会同人の水島和夫さんの第三歌集『田端日記抄』(六花書林)が、
今年度の日本歌人クラブ東京ブロック優良歌集賞に決まりました。

この賞は、日本で最も古い歴史と最大の規模を持つ歌人の親睦団体である
日本歌人クラブの12の地方ブロックのひとつである東京ブロックが、
昨年度刊行された東京都内在住の歌人による歌集から優れたものを顕彰する賞です。

当会からは、今井千草(2006年度)、有沢螢(2008年度)、田中あさひ(2014年度)の
各氏に続いて4人目の受賞となります。
授賞式は、10月30日(月)の14時より東京・中野サンプラザで、東京ブロック大会の席上で行われます。
授賞式の参加方法などの詳細は9月頃にあたらめてお知らせ申し上げます。

水島さん、おめでとうございます!
 

第16回高瀬賞決定

 投稿者:短歌人会  投稿日:2017年 6月26日(月)17時36分52秒
   第16回(2017年度)高瀬賞が決定し、結果が公表されました。
  この賞は短歌人会の会員1・2欄所属者の未発表新作15首を対象とした、結社内新人賞です。
賞の名前は、1966年から1985年まで「短歌人」編集発行人を務め、2001年に他界した
故・高瀬一誌氏の業績を記念してのものです。

 例年通り「短歌人」1月号に応募用紙を綴じ込み、2月25日締切で作品15首を募集したところ、
期日までに53篇の応募がありました。これは昨年度に比べて7篇の減少でした。

 事前に各選考委員が全作品を通読の上、去る4月30日に東京・池袋にて
編集委員15名(1名が欠席のため書面回答)による最終選考会が行われました。

 その結果、第16回高瀬賞は浪江まき子「光のあわい」15首に決まりました。
また佳作に笹川 諒「その島へ」15首が選ばれました。

 来る8月5日(土)から6日(日)にかけて宇都宮市にて開催される、
2017年度短歌人夏季全国集会の席上におきまして、受賞者の浪江さんには、
正賞および副賞が、佳作の笹川さんには記念品がそれぞれ贈呈されます。

 受賞作品および佳作受賞作、ならびに詳しい選考経過報告と選考委員による選評は、
「短歌人」2017年7月号に掲載されておりますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

 来年度も多くの応募をお待ちしております。
 

レンタル掲示板
/5