バッカスの部屋<ゲストブック>



カテゴリ:[ 趣味 ]


58件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[69] Re: 遭難碑の件

投稿者: あづみ 投稿日:2019年 8月15日(木)10時59分41秒 C246H132.personal21.cable.mecha.ne.jp  通報   返信・引用 > No.68[元記事へ]

> 遭難碑プレートの件、了解しました。
>
> この事件はすでに伝説のものとなっており、プレート碑は地図、ガイドブック等にも記されており、記念碑、名所、聖地といってもよい場所なので、残してほしかったのですが。登山振興、遭難防止?にも役立つと思ったのですが。 実際、友人、山小屋等で知り合う人もすくなからず認識しております。
>
> いずれにしても、お役所の指導ではどうすることもできませんね。これも時代の流れと考え、この件はやり過ごすことにします。
>
> また何か、企画等ありましたら、お知らせください、すぐに馳せ参じます。
>
> 話は変わりますが、先月40年ぶりくらいに津島佐織町に立ち寄ってみましたが、母屋にはだれも住んでいないように見えました。この年になると昔が懐かしくなるものです。
>

若山 進さま

五郎叔父の碑は、長年の繁二祖父と父の悲願で、父は環境省が中部山岳国立公園としてケルン墓碑の建設を禁じた後も、その建立に力をつくしていましたが達せられず、逆に奥又白谷ケルンまで撤去されるという噂が立ち、やむ終えず諦めました。

奥又白谷の五朗叔父ケルンの地は、2013年に発生した奥又白谷の雪崩で危うく流されそうになりましたが、奇跡的に助かりました。その時の様子をhttps://shigeoishioka.com/new8.htmlに掲載しておりますので、ご覧くださいませ。五朗叔父のケルンが末永くあの地で苔むし、前穂高を見守ってくれることを心から望んでいます。

現在の「石岡繁雄の志を伝える会」の動きは、このHPの<石岡繁雄の志を伝える会歩みの記録> https://shigeoishioka.com/new61.htmlに掲載しておりますように、湯浅氏執筆の本の対応に追われて四苦八苦しています。
また、名古屋大学大学文書資料室からご依頼がありました「石岡繁雄文書資料」の目録作成作業に従事しています。これは、会の統括をしてくださっている水野さんと私が手掛けておりますが、展示やその他諸々の活動で遅れに遅れており、後5年くらいは頑張らなければならないと思っています。
企画につきましては、三重県総合博物館での展示の話が出ており、来年か再来年には実現するかも知れません。この企画が実現すると本当に良いのですが。
他に企画などがあります場合は、このHPを通じて発信して行きますので、是非ご参加くださいませ。

見越の家!本当に懐かしいですね。当主のゆりちゃんは数年前にお引越しになり、その後どなたが管理していらっしゃるのか私も存じません。古い家の管理は大変ですから、時代の流れと共に変わっていくのは仕方がないことだと思っています。

では!またの書込みをお待ちしています。




[68] 遭難碑の件

投稿者: 若山 進 投稿日:2019年 8月14日(水)18時20分40秒 113x43x182x145.ap113.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用

遭難碑プレートの件、了解しました。

この事件はすでに伝説のものとなっており、プレート碑は地図、ガイドブック等にも記されており、記念碑、名所、聖地といってもよい場所なので、残してほしかったのですが。登山振興、遭難防止?にも役立つと思ったのですが。 実際、友人、山小屋等で知り合う人もすくなからず認識しております。

いずれにしても、お役所の指導ではどうすることもできませんね。これも時代の流れと考え、この件はやり過ごすことにします。

また何か、企画等ありましたら、お知らせください、すぐに馳せ参じます。

話は変わりますが、先月40年ぶりくらいに津島佐織町に立ち寄ってみましたが、母屋にはだれも住んでいないように見えました。この年になると昔が懐かしくなるものです。



[67] Re: 返信有難う御座います。

投稿者: あづみ 投稿日:2019年 8月 9日(金)08時46分46秒 C246H132.personal21.cable.mecha.ne.jp  通報   返信・引用 > No.66[元記事へ]

> 掲載されましたら、早速読ませて頂きます。

滝川七雄さま

早速のお返事をありがとうございました。
嬉しく拝読いたしました。

HPをいつもご覧いただき有難く思っております。
湯浅氏の件は、掲載いたしましたら、是非ご覧くださいませ。

暑さ厳しき折、お身体ご自愛下さい。
またの書込みをお待ちしております。

あづみ



[66] 返信有難う御座います。

投稿者: 滝川七雄 投稿日:2019年 8月 8日(木)22時47分2秒 119-228-36-169f1.hyg2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

掲載されましたら、早速読ませて頂きます。



[65] Re: 若山五郎遭難碑の件

投稿者: あづみ 投稿日:2019年 8月 6日(火)09時53分10秒 C246H132.personal21.cable.mecha.ne.jp  通報   返信・引用 > No.63[元記事へ]

> こんにちわ!若山進(英太の長男)です。
> さっそくですが、先日登山をしている友人からナイロンザイル事件の遭難碑が見つからないと言われ、本日確認に行ったところたところ
> 氏名のみ記載された3この墓標があり、1つは若山五郎の
> 名前のみ記載されたものでした。写真送れませんが、、
>
> 徳沢園に確認したところナイロンザイル事件を説明した
> プレートは数年前に流され行方不明とのこと。
>
> 新しいプレート作製の予定はあるのでしょうか?
> もしないなら何とかしないとですね。
> このままではあまりにもかわいそうで。
>
> 前向きな回答
> おまちしてます。


若山 進さま

ゲストブックへの書き込みをありがとうございました。
とても嬉しく思いました。
お返事が遅れまして申し訳ございませんでした。

奥又白谷にあります五郎叔父のケルン前に埋め込まれたプレ-トについてご報告申し上げます。
穂高連峰で遭難された方々のケルンは、前穂高だけでなく沢山あります。
遭難は多く、一時は穂高近辺が遭難碑ケルンで埋まるのではないかと思われるほどだったとのことで、環境省はケルンを建てることを禁じました。
その代わりに「山に祈る碑」という山岳遭難者慰霊碑を上高地バスセンター付近に建設し、毎年7月1日に慰霊祭が行われています。

現在あるケルンも除去しようという動きがあり、そうなっては大変と、何とかひっそりとこのまま五郎叔父のケルンがあり続けて欲しいと願っています。
ケルン前に取り付けてありましたプレ-トは、いつ、どなたが埋め込まれた物か解りません。
ただ、それがあるために目についてケルンごと撤去されるのではないかと恐れておりました。
2014年に行われました第一回目の上高地展示を機に、環境省の方々ともお近づきになったこともあり、プレ-トを取り外すことにいたしました。
その模様は、このHPのhttps://shigeoishioka.com/new34.htmlに掲載しておりますので、ご覧くださいませ。
以上のような訳で、プレ-トを取り外させていただいたことをご理解いただき、お許し願いたいと思います。

暑さ厳しき折、お体ご自愛くださいませ。
またいつかお目にかかれたら良いですね!




[64] Re: 新しいホームページ訪れました。

投稿者: あづみ 投稿日:2019年 8月 6日(火)08時51分45秒 C246H132.personal21.cable.mecha.ne.jp  通報   返信・引用 > No.62[元記事へ]

お久しぶりです!
ゲストブックへの書込みを嬉しく読ませていただきました。
このHPをSSL化しましてから、前とは勝手が違い、このゲストブックを見落としており、お返事が大変遅れましたことをお詫びいたします。

湯浅氏の本に付きまして、先日3回目の私からの書簡での質問に対する返答をいただいたところです。
その内容は、全く遺憾に思う事ばかりで、現在4回目の書簡を出す準備をしています。
この往復書簡に付きましては、湯浅本の問題が一段落したところで、HPに掲載させていただきますので、またご覧いただきたいと思います。

今後ともご支援賜わりますようお願いいたします。



[63] 若山五郎遭難碑の件

投稿者: 若山進 投稿日:2019年 7月31日(水)17時10分59秒 KD106130218225.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

こんにちわ!若山進(英太の長男)です。
さっそくですが、先日登山をしている友人からナイロンザイル事件の遭難碑が見つからないと言われ、本日確認に行ったところたところ
氏名のみ記載された3この墓標があり、1つは若山五郎の
名前のみ記載されたものでした。写真送れませんが、、

徳沢園に確認したところナイロンザイル事件を説明した
プレートは数年前に流され行方不明とのこと。

新しいプレート作製の予定はあるのでしょうか?
もしないなら何とかしないとですね。
このままではあまりにもかわいそうで。

前向きな回答
おまちしてます。



[62] 新しいホームページ訪れました。

投稿者: 滝川七雄 投稿日:2019年 7月 9日(火)21時23分15秒 119-228-36-169f1.hyg2.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

岩稜会の会員の方の出版物の件、びっくりしたと同時に非常に腹が立ちました。会員の方とは思えない誤まった、ナイロンザイル事件に対する立場を赦す事は出来ません。
今年は、家内との約束(信州への山行は2年に一度)の事があり、ケルンを訪れる事が出来ませんでしたが、来年は、勤務の日程が合えば、訪れたいと思っています。今年のケルン参拝の報告を読ませて頂きました。写真だけでなく、動画もアップロードされていて、楽しく鑑賞させて頂きました。特に石岡先生の御生涯を纏められた動画には感銘致しました。



[61] Re: 鈴鹿文学賞授賞式写真のお礼

投稿者: あづみ 投稿日:2018年11月16日(金)17時47分11秒 14-132-175-7.dz.commufa.jp  通報   返信・引用 > No.60[元記事へ]

毛塚さま

鈴鹿文学祭にお越しくださり、本当にありがとうございました。
久しぶりにお会い出来て、嬉しく思いました。

父存命中には、研究所のお手伝いなど、何かとお世話になりました。
お近いところですので、また是非お立ち寄りくださいませ。

私と同じ名前の方にも、その父の影響をお受けになったというお父様にも、お会いしたいものです。

今後ともよろしくお願いいたします。

あづみ



[60] 鈴鹿文学賞授賞式写真のお礼

投稿者: 毛塚一雄 投稿日:2018年11月16日(金)11時59分56秒 p6fd96cca.tubecm00.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

お礼のはがきを書きだし、この欄を思い出したので変更しました。
先生にとって何も出来ない弟子ですが、授賞式に列席することができてありがとうございました。
鈴鹿土曜会の方々も詳しく知ることができて、満足されていることでしょう。
余談ですが、神高山岳部の後輩のむすめ娘さんの名前が石岡先生の影響で「あづみさん」です。また、お会いする機会には紹介します。
伝える会の皆さんの努力する姿が行事のたびに、ひしひしと伝わってきます。
とりあえず写真のお礼まで



レンタル掲示板
58件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.