コンタンズ掲示板

コンタンズ、次回ライブは8月2日の木曜日の高円寺稲生座、20時より空中浮遊アンド水中クンバカショーでございます。修行するぞ修行するぞ。




640件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[647] カツオ3連休で何もしないの巻

投稿者: パンパース赤坂 投稿日:2018年 7月15日(日)21時29分11秒   通報   返信・引用

世の中3連休でござんすね。

この度、この私めも3連休なんでございます。

土曜日は、フロ掃除してからライブ

今日は、洗濯して、ポテトサラダなんか作ってみたりして夜は練習

ド日常やないか!

前を歩いていたノースリーブのおねいさんが
熱中症かなんかでヨロヨロっと崩れて、それをとっさに駆け寄って支えるオレ、

なんてことがなぜ起こらないのであろうか?

朝の9時ごろから夜までずっと30度越えなのに

そういう下心がダダ漏れなのであろうか?

そうか、

やっぱり

そうですか。


この曲、みかんの花って曲名だとずっと思ってました。

みかんの花咲く丘

https://youtu.be/t4UqXtgvrOw




[646] キットウ谷

投稿者: たくみ 投稿日:2018年 7月14日(土)19時43分4秒   通報   返信・引用

おつかれさまんさ。

昨日はね奥多摩

コザカシ川キットウ谷沢に行ってきました。

小さな沢なのでナメが次々に続いて

流木でできた堰をのぞけば

とてもキレイな癒し系沢でした。

おっきな滝はみっつ。とってもたのしゅー

ございました。

それではレリゴーレリレリ


笹平バス停~キットウ谷沢遡行~連行峰~醍醐丸~市道山~千ケ沢下降~沢戸橋バス停


小坂志林道で沢支度をすませチポンひっぱったりしていると材木満載のトラックが山から降りてきて運ちゃんがトラックから降りてきて話しかけてきました。
沢登りだと言うと渋い顔して伐採してるから気を付けてくれと言い。
また最後に「う~~~~ん」と渋い顔をして重そうなトラックをころがしていきました。

絶対駄目だ !なんて言われたらどーしようと内心ビクンビクンしてたのですがよかったと。まあ言われても行かないわけないんですが。

なんかこのあたりは常にどこかしら伐採してんだよね。

コザカシ川は何年ぶりかな。ほんっとにここは癒し系です。きれいです。

そしてキットウ谷沢に己挿入してまいります。

まず5M。これは水流の左を直登。上部にイワタバコの花が咲いていました。

初めて見ましたイワタバコの花。可愛い花です。

二本足で登れちゃうようなナメが次々現れます。

二俣を左に入るとすぐに7Mくらいの滝。

やや斜滝ぎみで登れそうだ。

でも濡れるのを避けて右から巻こうと途中まで登ったら
すごいグッズグズのビッチョビチョで下の岩も崩れて

滑り落ちる絵しか頭に浮かんでこないのです。

すこうしヤバいような気がしたのでもっと下がって

二俣の尾根を真芯でとらえておもいっきり登りました。途中から落口に向けてトラバースしたいなと思ったんですがなにしろズルズルなのでそのまんま登りきっちゃいました。そのあと20M近い下降となりました。
ロープでもって。でもしょうがありませんね。独りだしなあ。超大高巻きでした。本日の核心部(´∇`)
沢に降りる最後の所でロープを引っ掛ける木がなくて
2メートル弱ほどなので滑り降りたら予想以上に加速して「おっ。」って感じで少しヒヤリハット。
結局最後の6M滝でシャワークライムになったので

この滝も直登すりゃあよかったと後で強く思いました。泥だらけになるより水のほうがよかったです。

奥の二俣ってのがサッパリわかりませんでした。

だから林道直下の二俣がそうかと思い

「えー?これ右かあ?」と不思議に思ったものです。

林道を越えてまたぞろ沢を行きます。行けるとこまで
つめあげようというコンタンだったのですが

いくらも行かぬうちにボサに行く手を阻まれヤメ。とりあえずランチ。

これにて「つづく」といたします。


いたしま~す。

デンデン



[645] さまよえるボウズ釣り師

投稿者: たくみ 投稿日:2018年 7月 5日(木)09時07分12秒   通報   返信・引用

昨日は北高尾界隈をぶらついてきました。

小下沢でつり。

チビやまめがたまーに走ってるんですが

ぜんぜんだめでしたね。

やっぱ釣りはつまらんわ。


ツマラン!

えさ釣りなら釣れてくれるんか?

ヤマメちゃん。

イクラか?イクラなんか?


コゲサワ林道を登りきり堂所山へ。

なーんか新しい山名標柱。

ゴツすぎねーか!




[644] ネクスツは

投稿者: たくみ 投稿日:2018年 7月 2日(月)06時44分23秒   通報   返信・引用

稲生座5日の















だわ。



[643] 軍刀利沢から三国峠

投稿者: たくみ 投稿日:2018年 6月29日(金)10時41分38秒   通報   返信・引用

昨日は奥多摩

軍刀利沢でした。

滝がたくさん次々とあらわれ

まったくもってタノスィ沢でした。


お天気もまあまあ。

おっきいヤツ2つとチョックウッドは

巻きました。

チョックウッドは見るからに登れそうだが

まともに濡れるのでね。

最後の10Mもかなり行けそうでしたね。

でもまあ一応巻いて

横から見るとなおさら行けた感が強まったの

でした。


ぐんだり沢。

これはまた来たいレベル。


三国峠へはダイレクト飛び出し失敗。

ちょっと西より徒歩5分の所に出ました。

最後の分岐で何を思ったか

右に入ったのが失敗。

ザックからコンパスだすのが面倒だったのです。

しばらく登ってから腕時計のコンパス見ると

真西に向かっていたのでした。

コンパスと双眼鏡は山に入るとき

必ず胸のポッケに入れとかないと

後でだすのが面倒なのです。



[641] 演奏会にて御座候

投稿者: 猿股二郎 投稿日:2018年 6月25日(月)08時04分8秒   通報   返信・引用   編集済

前略、猿股でござります。このうっとうしい梅雨のど真ん中、皆さまいかがお過ごしでござろうか。それがしどもは今週末末は日曜日阿佐ヶ谷チェッカーボードなる演芸場で演奏会を開催するのでござるよ。ちなみに金曜日も高円寺の稲生座と国鉄中央線縦断公演なのでござるよw

さて、こちら試供品でござります。

演目は、岩石椅子の夜(ロッキングチェアーナイツ)でござります。

https://youtu.be/rk4w6vZLUUE



[640] つゆの晴れ間に高水三山

投稿者: たくみ 投稿日:2018年 6月21日(木)11時03分51秒   通報   返信・引用

一日あけておとといは

奥多摩は高水三山を総ナメにしてきました。

曇マークだったのに

ほぼ晴れと言ってもいいお天気でした。

もっとちゃんと早おっきして

フカーイ山奥に己挿入しりゃあよかったと

すこうし思ったが 後の祭りよのう。


まあカルークにしときたいワケもありまして。

ビブラムから出てる5本指割れシューズを買ったとで

す。

これは

裸足(裸)で山をかけめぐりたい!

という僕の長年の夢に

かなり近ずけてくれるアイテムとして

購入したのです。

部屋で履いた感触はかなりよく

かなり期待に胸膨らませて山入りしたんですが

まったくモンクナシでした。

最高です。90点。

これこそ探し求めていた靴ですじゃ。

やっぱり5本に分かれているのは違います。

ムカーシ女と別れた時の事を思い出しましたですじゃ

。ワシがツマラン冗談を言ったら言い終わるちょっと

手前におっかぶせるように「別れたい」と言われたも

のですじゃ。別にその冗談が致命

話がそれましたですじゃ。

なにしろ





















と言う事が言えるのです。

マイナス10点は何かと言うと

やはりビブラム。ソールがやや滑るという事と

指の間に泥がつまり、水が滲みてくる事。

つまり土が湿っているだけでジンワリ濡れてくるので

す。モンクあんじゃねえか。

まあでもこれはいたしかたないですね。

高水三山くらいではなんのトラブルもありませんでし

た。

一日おいた今はふくらはぎがすこうし痛いかなー

ってなもんです。

ただ、六時間とか八時間とか歩くには

まだ慣れないといーけませんね。


あとはいかにして裸にちかずくかです。

まあ問題は気持ちだけですよね。

まずはペインティングかな。



[639] 大好きな大菩薩嶺わっし。

投稿者: たくみ 投稿日:2018年 6月15日(金)11時05分41秒   通報   返信・引用

大菩薩峠には若者男子や山グワオなどがいました。

平日だが介山荘も営業しとるような雰囲気。

大菩薩峠という中里介山のかなりながい小説が有名

だが

いかんせん未完なのだ。

未完の小説ってわかってると

なかなか読む気にならんですよね。


途中からすんげえ面白くなったらどーすんだ?

死ぬに死ねんよね。


〈この真相は墓までもっていく。〉by  yasuhiro  nakas

one

曇が立ち込めてるけど甲府盆地上空は青空も。

やっぱりいいな、大菩薩。


2000米の標柱があるピークで立て看板をよく見ると

富士見新道は鎖を撤去したので注意されたし旨が書か

れているじゃああーりませんか。

禁止じゃあねえんだ!なーんだ。行こう。

レリゴー。

あんまり歩く人々もいないのか

どこが道かもよくわからない荒れ放題な感じ。

いいね。

なんなく富士見山荘の廃虚前に出ました。


あとは慣れた道を裂石まで下るだけです。


楽しかった山行もフィナーレですじゃ。

はらへったなあ。


山のようすはユーチューブで見れるように

しときますわ。

またんき



[638] 20日ぶりの山は小菅川本谷から大菩薩峠

投稿者: たくみ 投稿日:2018年 6月14日(木)10時38分23秒   通報   返信・引用

昨日はひさびさに沢でした。

小菅川本谷です。

なにしろオールゴーロ帯で疲れました。

大菩薩はヤハリいいですね。


ほんならレリゴー。


小菅村役場前バス停~雄滝~林道終点から小菅川へ下り入渓~上部二俣は左~巡視道~大菩薩峠~富士見新道~上日川峠~裂石


奥多摩駅発7:38小菅の湯行きに乗るまで

駅下の日原川で一時間つぶします。

どうも水が多いようです。あんま濡れるのは好きでは

ないので心配です。

バスをおりて二時間近く歩いて雄滝到着。

なんとなーく写真で見た感じ4mくらいしかないんじゃ

ないかと決めつけていたんですが

デカッ!!

いやーこりゃ素晴らしい滝だ。そんじゅそこらの滝と

は違うど。

さて、とても直登はできそうもない。巻きは・・・

右岸から行けそうだけど大高巻きだなぁ。

ネットで見ると右の枝沢の8m滝を登って林道に戻った

人々ありけり。

たしかに登れそうだがズブ濡れ確実だ。

なんだまたぞろ林道まで戻らんといけんのか。

まあそれが一番楽かな。と言うわけでバック。


小菅川本谷に下りて沢支度して11:00入渓。

曇り空。でも雨が降りそうな感じではない。

いけどもいけども

ワサビ田跡とゴーロ帶。

まったくトゥマラン!

ゴーロ歩きが疲れるので気が付けばワサビ田跡を歩っ

ているワシ。

だから〈〇〇川〉って駄目なんだよ。スケールの大き

な沢は。

ブツクサいいながらしばらく歩っていくと

やっと滝が見えてきた!

この谷の核心部なり。

登れる滝が3つ。

でも最初の2段は濡れたくないので左から巻き。

今日はちょっ、肌寒いもんで。


そしてもうちょっと行くと4mくらいのヌメヌメ滝。

つるつるのヌメヌメ岩を反対の岩を使ってツッパリで

上がったのが面白かった。水流ならもっと楽だったの

かもしらん。わし、濡れると風邪ひくの。よわいの。


そのすぐ上にこの谷最大の12m滝。

右のほうから楽勝で巻けます。

またぞろゴーロ。つーかガレ。

そして奥の二俣。

左の沢にはおいしそーな滝がたくさん見えています。

見るからに登れそう!迷わず左へレリゴー。

水量も極端にへって傾斜が増し

いい角度の滝が続きます。

タノスィ!

これこれ!僕の求めとるんは。

でもすぐに終わりを向かえました。


やっぱり右股のほうが本流なんでしょう。

どーなんだろう、右には滝たくさんあったんかな?


ガレガレになった所で遅いランチ。

気が付けば目の前に石積みの道が横断しています。

がぜんキョーミが沸いてきました。

このままガレ沢を登るより楽しそうなので

それください!

その道は巡視路で、ニワタシバで登山道に接続。

そのまま大菩薩峠へ導かれました。


つづくかな。



[637] こっこ

投稿者: たくみ 投稿日:2018年 6月12日(火)14時33分4秒   通報   返信・引用

たたみのうえを蟻が

と思ったら

カマキリだった。



このまま部屋ン中でデカくなるのも

おもろいなあ、と思ったが

すぐに考え直して窓から捨てた。


ハリガネ虫の映像が頭に浮かんだからだ。


あばよ。ハリガネ太郎。


レンタル掲示板
640件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.